点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

ノイシュバンシュタイン城~アボリジニ  

ライアーのCDと一緒に入ってたポストカードが、またまた「TRAVELOGUE」で、写真がどこぞの城の写真であった。
(ありがとうございます!)
城なんて沢山あるしなー探すのも面倒だなーとか思いつつ、サイズ的に本の栞にして使用していた。
オリオンズゲートで、同タイプの絵葉書の写真違いが渡った人の記事があり、(それはビッグベンだったが)自分もちゃんと探さねば。
と、触発され適当に「ヨーロッパ 城」で画像検索かけたら1ページ目で出ました。
というか、見る人から見たらひと目で分かるぐらい有名な城でした。

それはこちらドイツのノイシュバンシュタイン城
ノイヴァンシュタイン

怠慢によりたどり着くのに時間がかかった。
単純に考えてこちら関連の縁があるのだろう。

しかし、ノイシュバンシュタイン城、印象としては称える気にはなれない。
好みと違うというのもあるが。
そして、この城にまつわるルートヴィヒ2世
に興味が沸く。
第一印象は「メルヘン野郎」「脳内花畑野郎」という言葉が浮かび、かの人物に対して「王の役割が与えられたのならそれを果たすべきだ、それが成されぬなら…」と、不穏が頭をよぎった。
以下は妄想になるが、
もしかしたら、ルートヴィヒ2世の死にまつわる不穏な動きをしてた人物の前世があったのかもしれない。
個より全を優先し、その為には犠牲も厭わない、むしろ汚れ役を率先して行った。他にすべき人物が居ないのなら。
しかし、その信念は妄信や自分以外の心酔する誰かの思想に基づいてたようにも思う。
私は意固地なようでちょろいのだ。
そんなこんなで良いように使い捨てにされたのにも気付かず、ある意味幸せ、自身もそれを望んでたのかもしれない。

というバッドエンドを思いつく。

今の私の価値観から言うと、ルートヴィヒ2世、王様になったのが不幸だったとしか言い様がない。
趣味に情熱を燃やす、ちょっとアッチ系の人だっただけではないか。
夜中にこっそり、かのノイシュバンシュタイン城でソリ遊びをしてた時の心境はどうだったのかと思うとちょっと心が痛む。
今なら良い友人ぐらいにはなれたと思う。

そして、これまで前世のヒントを今まで沢山頂いて、それが多くなって自分で持て余し気味なのだが、このセンでチラホラ妄想する。
この「与えられた役割果たせ」を他人に強要する件は、その後もチラホラやらかすことになる。
スコットランドの件でも上に者に対する殺意、
自分が正しいと思うことに対する妄信。

それはやがて自分に牙をむく事になる。
2017の6月頃に引いてもらった前世カード、テーマは「今知るべき前世」で出たのは
・恋愛
・投獄と奴隷
・共同生活

補助
・健康

スペック
・男性
・紀元前8世紀
・アジア、ヨーロッパ以外
・平民

当時はさっぱり具体的なことが浮かばなかったのだが、数ヵ月後の今になって以下のようなことが思いついた。


私は紀元前8世紀オーストラリアのアボリジニの平凡な男性として暮らしていた。
順調に成人の儀式を終え、もう少ししたら幼い頃から想い合ってた女性と家庭を築く予定であった。
それが崩れ去る時が来る。
疫病の蔓延。
当時は魔物によって引き起こされたものとされ、原因となる人物を排除することで収まるとされていた。
それを決めるのはコミュニティの中のシャーマン的人物である。

ここまで来ると読めたかと思うが、自分がその原因の人物と出たのだ。
自身も病で朦朧とする中、カゴに入れられ男達に運ばれ、森の奥深く掘った穴の中に捨て置かれた。
そこでじわじわと死ぬのを待つだけだある。

私は助けてくれとも、生きたいとも、もう一度会いたい、とも言えなかった。
これが与えられた役割なのだ、死ぬことが役目なのだ、居ない方が皆が幸せになれると思い込み、それを受け入れようとした。
最後に何を思ったのか、深い絶望だったのかもしれない。



これらは、やってきたことが我が身に降りかかっただけなのかもしれない。
そして、今世に私がいる訳だが、当時と比べると役割とか身分とか随分自由な立場に居る。
そこで何を望み行動するのか、試されているのだ。
そんな風に強く思った。
役割から解放された人はどう動くのだろう?
私は多分今戸惑って手探りで生きているのだと思う。やりたいことも何を求めてるのかも吟味している。

Posted on 2017/12/27 Wed. 00:49 [edit]

category: 前世関連

tb: 0   cm: 4

  

名古屋の人は黒ばっかり身に付けてるという話になって、冬場のコートの黒率はそれは凄まじい。
そういや、ぐれんでifさんが名古屋の人は黒い靴ばかり履いているのは何故?と言って(書いて)いたような気がするけども、
汚れが目立たなく、長く使えるというのを優先して選んだ結果じゃなかろうか?
と私は予想する。

よく名古屋人は倹約家とのイメージがあるが、コストパフォーマンスに敏感なのかもしれない。手堅いとうか。
ああ、そういえばどっかのCM で「名古屋のヒトはおトクが大好き♥」とのキャッチフレーズを流してた。
異論があるだろうが。
というか私自身が県外の人間なのでこれに関しては要観察中です。

Posted on 2017/12/19 Tue. 23:22 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

混乱  

問題集はやり方を教えて貰える場で、解答を提出すれば他と照らし合わせて添削もして貰える。
至れり尽くせりな場であり、ありがたいと思う。

しかし一度そこを抜けて日常に転がる問題集に挑むとなると、思うようにいかない。
他の人が難なく出来てるのを目の当たりにしたり、言葉を尽くして説明や指摘してくれる事に関しては音声で認識しているのだが、分からないのだ。
その分からない事が申し訳ないし、情けなくもある。
自分は頭がおかしいのかもしれないとも思う。

しかし「分かるのに分からない」と言っても理解は得にくいと、初めから諦めて分かったふりして「はい」と、答えてしまった事は大層な自己欺瞞を犯してしまったと、今になって自己嫌悪に陥るのである。

そんな風に躓いたり這い上がったりの繰り返しなのかもしれない。

そして、やけに深刻な問題と眉に皺を寄せてはみたものの、実のところ、ちょっとした考え違いのような気もする。

先に親切な本当の事を言う人によって答えは示されてるのだ。
「思い込みで話を進める」
「細かい部分にばかり目が行き大局が見えてない」
と。
じゃあ具体的にどうすれば良いのか?
という所で分からなくて悩む。
知識がアテにならずその外から答えを探す、という事が分からないのだ。

今回の記事で何べん「分からない」と言ったか分からない。
こうやってアホさを晒しつつ、出すことで気も楽になるかなあと思う部分がある。
それでも何とか引き腰気味に、この問題に取り組む部分は誉めてやりたいとは思ってます。



この文章は読み返すと、頭痛くなるな。
と我ながら思う。
混乱の具合が現れてると思うのでそのままにしておきます。

Posted on 2017/12/17 Sun. 00:12 [edit]

category: 心の癖

tb: 0   cm: 0

無自覚  

神社の俯瞰問題に応募して、オリオンに載った皆さんの回答と比べると、確かにイマイチ。
何が不足なのかと自分が認識した範囲といえば、

・思い付いたものを全部詰めたい
・なのでどれが重要なのか焦点がぼやけてる
・焦点がぼやけてるのはどれが重要なのか理解してないから
・それは思考力が低いから
・俯瞰する位置が不明瞭なのもそれが理由

頭でゴチャゴチャと言葉を沢山使ってれば、それがより深く思考してると勘違いしており、
それも自分の思い込みに基づいてるという事が自覚出来てない。

今更感が強いのだか、つまりは学んだ事が身に付いてないという事が露呈したので、負の感情が湧く。
思うようにいかないと、未だにこういう気持ちになるのでガキじゃないかと自分でも思うのだが、突かれると痛いことこそ真実にも近いと思うので、ここは忍耐。
いつか今世は分からぬが何処かで身につけば良いと思う。

てね事を思ったので、貴重な経験でした。
ありがとうございます。

Posted on 2017/12/13 Wed. 09:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

石磨き  

ブログの記事を書いてない。
別に具合が悪いとか、忙しいとかではなく、言い訳せずに主だった理由を書いてしまえば自らの怠惰さ故である。
だから、ちゃんと記事書いてる人すげえ、しかし読んでるだけでは私は貰ってるばかり、リターンもしないとバランスを欠いてしうしまうという事で記事を上げる。

前述した通り、今はすこぶる快調なのでその間何か色々やっていた。といっても些細なことであり、大したことでもないが。
でもって、大切な事をおざなりにするという事もしでかしたり。

その話は一旦置いといて、その色々やってたものの一つが、石磨きである。
ザバダック繋がり(勝手に思ってる)の静岡の方より、近辺の海岸で拾った。
という石ころであるが興味をそそる造形物と私は認識したブツを頂いた。

石ころというと、犬っころとか、”ころ”という語感に投げやりというか、大切に扱ってない、翻って侮蔑的意味合いを感じる人もいるかもしれないが、そういう意味合いはもたせてない。
今回のこれに関して言えば単なる”石”というよりかは”石っころ”の方がぴったりくる風貌をしてるのだ。
何処から来たのか知らないが、長旅の果てに私の手の元に来たのは数奇な運命なのかは石的にはどうなのか知らないけども、そんな事どうでも良さげといいたげな孤高なる存在感。
しかしそれは永い間水に研がれ、人工では再現不能な醸し出される包容力。

という風にそのままでもマットな風合いが良いのだけども、磨いてツヤを出したらどうだろう?と興味を抱いたので磨いてみることにした。
ネットで調べたら出てきたので、私が今回どうやって磨いた内容を記録しておく

〈道具〉
・耐水紙やすり
#400
#1000
#1500
#2000
#3000

・水の入ったボウル(石や耐水ペーパーを濡らす、研磨した石を濯ぐ用途為に使用)
・ダンボール(A5サイズぐらい)
・使い古したタオル(濯いだ石の水分を取る為)

〈磨き方〉
ダンボールの上に5センチ角程度の大きさに切った濡らした耐水ペーパーを置き、磨きたい石を濡らし弧を描くようにこする。
ヤスリの力が弱くなったら新し物に変える。
石の粉が出るので水ですすぎながら、余分な水分を取りつつ、表面をチェックする。
綺麗になったら次の段階の細かい耐水紙やすりに変える。
それを繰り返す。
綺麗になったら完成。

これだけなので、時間さえあれば誰でも出来る。
初めてやったのでまあこんなものか。という出来になった。
何だかんで4時間費やした。
石ころ1
磨く前はマットで白っぽい石だったのだが、磨いて緑の模様がくっきり出たので、面白いと思った。
惜しむべくは#400の次に#1000を使ったので、もうちょと間に#600とか、使ったほうがもっと綺麗になったのでは。
と思った。(ウチにあったのを間に合せで使った為)

しかし、磨いてると色々頭に浮かぶ。
昔の人はどうやって石を磨いていたのだろう?とかもっと手間隙かけてたに違いない。とか、魂のチャートのタオかたの放出とこの石の有様は似てるなとか。
でかい岩山から砕かれて、激流を下りながら身を削り、丸く磨かれ、最終的には海へと帰還。
海の底で堆積物として沈殿し、圧縮されて、また岩になるのかな。
そんでもってまた隆起して岩山になって、砕かれて、今度はもっと綺麗な玉になるように旅をするのかもしれん。

という訳で楽しませてもらいました。ありがとうございます。
単なる石だったら磨こうと思わなかったのでけども、この石っころが魅力的なので磨こうと思ったのがそもそもの発端だったので。

石はまだいくつかあるので、気が向いたらやってみようと思う。
だんだんツヤを増してく石を見るのはなんだか心が満足を覚える。

やってる事は単純だが、これは終わりのない作業である。上には上があってキリがない。
魂の向上に通じる道のように思える。

Posted on 2017/11/28 Tue. 00:49 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 4

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top