点と線と円
どこまで行けるかこの旅路
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



滅多に無いことなのだが、この間階段から足を滑らせて2、3段落ちてしまい、
左側の肘を強打、左の尻と背中下方も打ち付けた。
この足の滑らせは奇跡的な条件が整って起きたことだと思う。

まず、時系列としては
1:その日の朝出るとき天気は別段悪くなく、問題なしと判断していつも履きなれてたスニーカーではない靴を選んで履いて行った。
2:その後帰宅時には雨が降ってそうだったので置き傘を持って帰路に着く。
3:ポストから回収した郵便物に気を取られながら階段を上る。
4:うっかり傘を階下へと滑り落としてしまう。
5:2,3段の高さからだったので階段を降りずにしゃがんで取ろうとする。
6:足を滑らす。
7:肘を強打。とても痛い。

という流れになる。
どれが欠けても成立しないこの転び。何か因果を感じる訳なのだけども。
何というか、とても悲しい気分になった。。。
目撃者の居る転びも切ないが、独りきりで転ぶのも精神的に来るものがあった。
というか、転ぶのってとても痛いのですね。
衝撃が脳にもきててキーンと音はするは視界がぐるぐるするわで、コレが脳震盪というものか!と要らぬ経験を得ました。
これは痛い。と、改めてそう思ったので、これからは少し人に優しくなれそうな気がしました。

で、問題は肘の強打。
無理に曲げたり伸ばしたりすると明らかに痛くて曲がらない。
みるみる腫れてくる。
ネットで処置を調べる。
とにかく冷やして圧迫して、心臓より高い位置にして安静に。
とのことだったのでそうしておいた。

で、次の日折れてはいないがヒビ程度入ってるかもしれぬ。
との疑惑が濃厚なので病院に行ったのですが、別にどうにもなってなかったです。

良かったとホッとしたと同時に、では私は只の打撲にぴいぴい騒いでいたって事になり、自分は大袈裟なチキン野郎だったなあと思った訳です。
しかしまあ明らかに動かすと痛いので暫くおとなしくするとして、何でコレが起きたのかと考えるのですが、
怪我が起きるのは何かしら不調和が心身で取れてなかったというのもあるし(実際この所、悪想念にハマってた)
足を滑らす。は、まんまちゃんと地に足を付けてない今の状態を現していて、油断してる事を表してると思う。
肘の負傷は肘を張る、との言葉があるように威張ったり謙虚さを欠いてる状態、
気を張りすぎていて過度に力が入ってる状態、
を表してると思う。
心当たりがありすぎて耳が痛いです。

てな訳で痛い警告という事で肝に銘じておくことにします。

一見痛くて身に起きた不幸な出来事ぽいけども、打撲だけで済んだし時間が経てば治るからまあいいか。
むしろ話のネタになるし、身を振りかる材料になるからこれはこれで良いかなとも感じる。
日常の所作が丁寧になる。何とか工夫しようとする。という事もある。
本当は痛い目遭わないで分かれば良いのだけども。


そういえば、病院行って薬を薬局で処方するように言われたのだけども、出されるだろう薬は
ロキソニン(痛み止め)と、その薬を飲んだ際に荒れる胃を保護する薬、あと傷薬であった。

痛みは無理に動かさなければ痛くないので、ロキソニン要らんなあと思い、
そうなると、その胃の粘膜の保護の薬も要らなくなり、
傷薬に関してはこの件に関しては外傷は殆ど無いので必要無い。
これ飲んで治りが早くなるなら飲むけど、そういう事も無さそうなので薬は取りに行かなかった。
料金にはキチンと処方箋発行料なるものが記載されていたけども。
医者と薬と金の流れの闇を感じる。
いや、この件(打撲と骨折)がハッキリと分かって私は安心したという意味ではとても助かったのも事実。
そういう意味では病院には感謝しとります。
親指の怪我
右手の親指の第二関節の内側を怪我した。
理由もバカバカしく自分で思いっきりぶつけたという理由であり同情の余地もないのだが、親指を曲げる、掴む等の動作をすると地味に痛い。
日常生活にそこまで支障は無いのだが地味に不便である。
という事があり、この所イケてない精神状態に陥る。

そう言えば、このケガのちょっと前に、左手のこれまた同じ第二関節内側を2、3ミリ程の切り傷を作ってしまい
これまた、親指を曲げたり何かを掴むという動作が地味に痛いという、同じ不便さを味わったばかりである。

これは何かのサインだろうという事というのは明白であるのだが、心当たりがありすぎる。

手の動きを制限するのは、それをすることで自分を守ってるのだろう。
それをしなくて済むという自己防衛からの理由と、自分にも分かる形で問題提起してくれてるのだと思う。

モーニングページをやってて、どうにも不安定な感情に陥る事がある。
それのせいではなく、それによって先送りにしてきたものがあぶり出されてると言ったほうが正確か。
ネットで親指の怪我の意味とかは調べれば、沢山出てくるが自分なりに考えてみると、そのまま
・与えられたものを素直に受け取れてない(掴むということが制限されてる)
・物事を自分の意志で決められない
(他の四本から独立して動く人特有の親指は自分自身を現してると解釈。自分というものが傷ついてる)
・何かを作る事をから逃げている(手が使えないならそれをしなくて済むから)

痛みは考えるキッカケになるのだが、ケガから1週間経ち、痛みが薄れてきてる。
常に念頭に置いて行動出来たら良いのだが。

というか、目の前のすべき事を片さないと行けない事案がある。
これに私は今悩んでいる。悩んでいるというのは考えてないという事は自覚出来るのだがそれについて考えようとすると現実逃避をしたくなる。
どこから手をつければ良いのやら。
今回の怪我はそれも絡んでいる。決めなきゃならない事が決められないというか腹が据わっていない。
避けてたツケが廻ってきた。
人によってはどうってことないといえばどうってこと無い事なのであろうが。

とりあえず、気力は戻ってきたし、いつまでも逃げ回ってはいられないのでやるしかない。
という事で気合を入れる。
モーニングページ
オリオンズゲートのいつぞやに美肌に関する記述で、腹に溜めないにはモーニングノートを実践してるとの事でネットで調べたら
モーニングページというものが出てきた。
多分同じものだと思う。
ついでに提唱者の本も出てきた。評判が良いので入手して読んでみた。

良書だと思う。あちらの方はメソッド的な手法を作るのが上手いと思った。
万人皆が皆に当てはまる内容ではないとは思うが、私としては思い当たる内容が多く、為になった。
上手く自己表現出来てないと感じる人に対してはこの本は試す価値はあると思う。

しかし、今までの冊子の事や問題集をよく理解出来てれば、必須ではないとは思うが……
私の感触としては、本の内容を実践する程度に下地が作られるには冊子問題集は必要だったのだと思う。

しかし、自分の今やってることをブログで公開すると飽きてしまう事が自分にはあるのでどこまで続けられるのか。
とりあえずやれる所までやってみよう。

何故続けてた事を公開したら辞めてしまうのか、気分的に萎えるという方が的確か。
それで気が済んでしまうのか、何なのか。
そんなこんなで自分はイマイチ一つを突き詰められない。
そのあたりの原因も分かればいいと思う。
モバイルルーター
ネット環境もなんとか落ち着いたので、記事書かなきゃなあとという事で記事です。

私は家にネット回線を引いておらず、モバイルルーターでネットを繋げている状況である。
以前は引いていたのだけども、パソコンが壊れたのかと何とかで、何かキッカケがあり、
ネット料金+スマホ代が結構高くつくなあという事でスマホを辞めにして、代わりにガラゲーとiPodにして、
家のパソコンとの共用ネットとしてポケットwifiを持つ事にしたのである。
ネット料金は少し安くなった。
しかし普段持ち歩く機器が猥雑になった。

私が契約してたのは今はワイモバイルという名前になっているが、当時はワイモバイルという社名で、ネット繋ぎ放題で安かったのが決め手である。
しかし、数年が経ち社名も変わり、知らぬ間にやら無制限だったハズの通信容量も制限が付き、知らない間に改悪されてたのである。
それでも、普段はそこまで不便も感じてないので、そもまま使用していた。
そんなこんなで更新月が来た。
この時点で4年経ってる。

新しい機種も出てるし、色々他にも似たようなものでもっと良いサービスの物が出てるしどうするかー
とか迷ってた。
で、折角なので噂のWiMAXというやつに乗り換えるという事にした。

そしてまた迷う。色んなプロパイダから出てる。サービス内容も微妙に違う。
キャッシュバックが一番お得な奴がいいかと思えば、サービス悪いとか、
サービス内容がサイトによって書いてることが違っていたり、サービスが期間限定だったりと混乱する。というか混乱してた。
色々めんどくさくなり、今のままのワイモバイルの機種変更で良いかなあと、またブレる。

そうだ、めんどくさいで思い出した。
ワイモバイルの契約解除は直接ショップに行かないと受け付けてくれない。(基本的に)
これに私は抵抗感を覚えまして、というのも何かを断るというのが非常に苦手なのです。
これのせいで2ヶ月も更新期間があったのにも関わらず更新日ギリギリに解約しに行く羽目になり、
ウダウダとどのプロイダにするかで悩みまくった挙句、次への機器が届く間ネットの繋がらない空白の期間が出てしまったのです。

という自分も行動を省みるに、アワの性質があるなあと発見したモンです。
解約すること自体悪い事じゃないし、あちらもそんな事日常茶飯事だから気にする事無いのになあと、この思い込みの制限に関して腑に落ちるまで時間がかかった。

で、ようやく機器が届く。
そしてまたアクシデント発生。ネットの繋がり具合が不安定。前のやつではそんなこと無かったのに。と、愕然とする。
iPodには繋がるがパソコンには繋がらない。
パソコンが古いせいなのか、相性の問題なのか、このまま使えないんじゃ初期契約解除なるものを行わないといけないのか、またポケットwifiに戻るべきかと、まためんどくささにウンザリしていたら、場所によって繋がり具合が良くなったりする。
そこで起動したらパソコンとネットが繋がった。
めでたし。

分かった事と言えば、改悪改悪と思っていたポケットwifiがネットのつながり方に関しては思いの外優秀だったという事である。
WiMAXは確かに安いし、繋がってしまえばサクサクなのだが、なんせ不安定。
ここまでとは思わなかったというのが本音である。

じゃあ元のポケットwifiに戻る?というかと言えばこれはこのままで使おうと思う。
別に家、移動中、仕事場と別段使用には不具合は無く、繋がらない場所(建物内では顕著)が多少あっても別に四六時中ネットとつながる必要は無いので、これで良いやという結論に達した。

というのが事の顛末である。
色々こうやって契約したりが面倒でネットなんて無くても昔の人は生きていけたじゃないか、
とか思う訳だがその恩恵で私もこうなってる部分もあり、技術の進歩でこうやって回線を持ち歩けるようになった訳で、
話がアッチコッチに飛んでいった訳だがここは素直に有難いなあと思う事にする。
お知らせ
一週間程、ネットに繋がらない環境になるのでご了承下さい。