FC2ブログ

RSS|archives|admin

写真の鑑定御礼

2018.12.11 Tue
随分時間が経ってしまいましたが、千尋さん写真の鑑定ありがとうございます。
何気なく撮ったものでしたが、まさに龍さんだったのですね。
あの時から状況は刻々と変化してますが(もう2か月も経つのか…)、あの時のソレは同じ方向を向いていたサインだと分かり、正に自分の世界は自分が映し出すものなのだと身を以て体験出来きたのが収穫でした。
しかし、雲でもなんでもそうなんですが、サインはあちらから教えたりする訳ではないので、あくまでそこに在るのにこちらが気付くかどうか。
そこに自分がどの世界を選ぶかに繋がってると感じてます。
堅苦しく言ってもなかなか言葉が出てこないのですが、思い込みを捨てて、もっとありえないような事が本当は現実に在るんだ。
ってな事が以前より身近に感じます。
しかし、夢からそこまで情報を広げられるのは相変わらず凄い。との一言でしか言い表せられないのがもどかしいですが、とにかく、凄い。
もうちょい自分も夢を自覚できたらなあと思います。

夢つながりで昔みた(1年ぐらい前?)について思い出したのでメモついでに。
某情報だと2012年に世界は終わってるとの事ですが、それはあり得る。と割と真剣に信じてます。(自分の中で)
何でかと言うと夢を見たんですね。
自分の住んでるマンションの窓から私は外を眺めてた。
何でかというと、巨大隕石?爆弾?が遠くに落ちてそのドーム型に光る衝撃がこちらに向かってる光景が見えたから。
私はこりゃ逃げられないし詰んだなと、開き直り(あんまり悲壮感やら恐怖は感じなかった)そのまま光に飲まれ、(うわーやられたー)と、思いそのまま私というものが無くなった。というのか、そこで覚醒したのでその後はイマイチ分からないが。
という夢を見た。しかし、やけにリアルで未だに覚えてる。

特に苦痛は無く、(死んだ経験が無いのでその苦しみが分からないから再現されなかったかもしれないが)
光に飲まれても苦痛は感じかなったし、あの滅亡の仕方はあんまり苦しまないから戦争状態になってじわじわ滅亡するよりかは慈悲深いかな。
と今は思ったりした。

先はどう転ぶか分からないけど、どっちにせよ私としては世界を面白がりつつ、自分の願いという名の欲望を満たして生きれるまで生きたいと思う所存です。
スポンサーサイト


Category:P関連 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<皆さん良いお年を | HOME | 陰陽師>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/420-4e41ece2