FC2ブログ

RSS|archives|admin

愛媛お話会

2018.10.18 Thu
先日の愛媛お話会、参加しました。
主催者ifさん、幹事のミモリさん、講師の天戸さん、そして楽しいひと時を一緒に過ごさせて下さった参加者の皆さん、ありがとうございました。
挨拶もそこそこに、あれからもう10日も経ってるのか。。。
と、振り返ればつい最近の事のようにも思えるし、うかうかしてられません。
実は、お話会後に珍しく熱を出してまして、これも何かのタイミングかと。
(実践講習ではヘロヘロだったし、もっと身体を鍛えよう……)

しかし、初の愛媛、松山でしたが無茶苦茶良かったです。
皆さんも言ってた通り、台風が来るかもとやや心配してたので、新幹線が止まっては不味いと思い始発にて出発。
例の新幹線で岡山まで行き、そこから電車にて松山まで行きました。
時間はかかるけど、電車にて風景を堪能できました。
行きの車窓1
御覧の通り、台風は一体何だったのかという晴れ模様。

市電
昼頃に松山駅に到着して、そこから市電に乗り換え。
前、岡山に行った時も市電が走ってたのだけども乗らずじまいで、密かに乗りたかったので乗れて満足。
しかし、市電はのんびりしてますね。
ひょっとして自転車より遅いのでは。
市電が走る道路は必然的に道幅が広くなって、街中の景色が何とものんびりした雰囲気になります。
というか、松山自体がなんか、弛緩というかゆるゆるというか、この日の天気もあったと思うけど、癒される空気感があります。

伊佐爾波神社
宿泊所近くの伊佐爾波神社。
丁度お祭りシーズンで活きの良い若者衆が街中におりました。普段はこの方々は何処にいるのだろう?

1日目:お話会
皆さん久しぶりのような久しぶりじゃないような不思議な感じで合流。
講習会は余り詳しくは書けませんが面白かったです。笑いました。
しかし、2度ともダメでしたね。守るというのは本当に難しいものです。
二次会、魔窟の3次会と時間があっという間でした。
反省点:お酒持って来過ぎた。。。誰かの荷物になってしまったようで申し訳ない。
次はもっと少なくします。

萬翠荘
2日目:特に予定も無かったので、城組に便乗して松山城、萬翠荘を見学。
8人という大所帯にも拘らず、昼はひろさん手配の鯛めし屋さんで食べれました。
有難い。
あそこ付近はアンティークショップも色々あったのでウロウロするのも面白そうでした。

写真あんまり取れなかったですが松山城では成り行き上の好奇心で鎧体験。なかなかノリノリになれます。
城組が着終わった後、混み始めたので丁度よいタイミングでした。
あと、こんな事がありました。
松山城、桜が植えてたのですが、この時期うっかり咲いてた桜の花が数輪ありました。
見つけた某王魂の方が無邪気に可憐にささやかに咲いてる花の香りを嗅ごうとしたら、某賢者魂の方が「枯れる、枯れるww」と申しまして、申し訳ないけど私は噴きました。奉仕者失格です。
と言うか周りの人も噴いてたので同罪です。
城内は木造になっており意外と広く、見応え十分。階段が良いですね。あれって当時の人が使ってたまんまの状態なんでしょうか。
もし、自分がこの城に仕えたとしたら、住み込みならまだマシだけど、通勤大変そうだ(結構山を登る)し、あの急な階段を上って食事とか運ぶのだろうか……とか、実際そんな事してないのに(城勤めも楽じゃあないわな)とか思っとりました。
城主ってそこで生活しているものなのかなあ?と基本的な事とか、確かに敵に攻められ天守閣まで来たら自害するしかないとか。
道中皆さん、攻めてきたらあそこから鉄砲撃つとか、石落とすとか、弓矢放つとか、、、、物騒とても面白い城巡りでした。

城を如何やって落とすかと考えてたら、空からやられたらイチコロだよなあという結論に至り、そうなると飛行機の発明はこういう城やら城壁の役割が終わってしまった時代なのだと思うとちょっと切ない。

帰りも電車なので、そろそろ切り上げなければ帰りがやばい。
ので、MNさんと途中まで一緒に帰りましたが、前々日の早起き、前日の3次会&酒が残ってたお陰で殆ど寝てしまいました。
もっとお話ししたかったです。

帰り車窓
帰りの車窓より。
進行方向と同じ左を向いたでかい龍の顔に見えたので撮りました。

とまあ、怒涛の2日間でしたが松山遠いしなあと思ったけども参加して良かったです。
というか、他の参加者さん達ももっと交通の便が悪い所から毎回参加したりしてる人もいる訳で、頭が下がります。

もっとこう、他の人と話したかったなあと思ってるので、また会えたら宜しくお願いします。
今回、ちょととしり込みというか、人任せにして動いてる所があったので。
今回のお話会はお話会で一区切り、また新たな気持ちで進所存です。

とっ散らかった文章ですが、一応記録として。
スポンサーサイト
Category:P関連 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<白蛇伝 | HOME | 当選者発表>>

龍にしか見えない。
これ、千尋さんに鑑定してもらおう。
私から千尋さんに依頼する。
v6O6VgHs | if・・・ | URL | 2018.10.19(Fri) 14:37:31 | [EDIT] | top↑ |

桜の場面

そのような事があったのですか!>枯れる
ついつい写真で記録に夢中になっていたものだから(学者魂)
聞きのがしましたが、こうして色々な参加者が体験をUPしてくれると
読む楽しみが増えるので遅れても書いて欲しい、というのが本音ですw

鯛めしはどうしても「宇和島鯛めし」(溶き卵+だし入り醤油タレをかける)が食べたくて。食い意地の勝利と言えますw
重い苦労に耐えて(?)持ってきてくれた沢山の美味しいお酒をありがとうございました。龍の鑑定記事も楽しみです。
- | ひろ | URL | 2018.10.20(Sat) 06:08:54 | [EDIT] | top↑ |

Re: 龍

コレを新地球報告に送れば良かった!
ifさん千尋さんに宜しくお願いします。
雲で龍が見えるという話題が出てから前よりちょくちょく空を見上げる機会が増えましたが、こういった事が普通の日常に普通に起きてるものだと思う事が増えてます。
- | zaba | URL | 2018.10.20(Sat) 22:02:53 | [EDIT] | top↑ |

Re: 桜の場面

枯れるじゃなくて、散る、だったかな?
(どっちにしても………)
しかし、何かあのお二方が並ぶと和みます。
学者魂の人は本当に何かを知るというのが好きなんですねw
その喜びの糧となるなら人肌脱ぎましょう、という心境でupしてます。それだけでは無いのですが。

普段生魚は口にしないのですが、アレは別格です。美味しかった。
しかし、何故に自ら苦役を科そうとしてたのか。
アレは重かった…
- | zaba | URL | 2018.10.20(Sat) 22:11:30 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/417-130c8620