FC2ブログ

点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

部屋割り/裏の話  

今だから言える部屋割りの不思議。

散々迷った挙句に、ここはトンデモが縁で集まった人達らしくカモワンにて決めることにした。
質問は、「魂の成長に繋がる組み合わせにふさわしい組み合わせを示してほしい」
と、念じた。
この質問にした理由は二つある。
1つはそのまま、その結果を求める為。
もう一つは、それをわざわざ公開して(オリオンに載せてもらい)結果についての不平の声の抑制(あんまりそういう事は無いと思ったが)が目的である。
なかなか姑息な手を使ってると我ながら思う。

よし!これで決まり!
しかし、後にポカをやらかしてたことに気付く。

とある部屋割りの組み合わせに

部屋①/,B,C,D,さん
部屋②/,H,I,Jさん

と割り振った結果が出た。

この内(仮に)AさんFさんは受付初期の段階で宿泊は不確定。
と聞いていたので、抜けても人数のバランスがおかしくならないように、多めの人数の部屋に初めに割り振った。

のだが、実はAさんGさんを間違っていたのだ。
部屋②のGさんが宿泊が出来ないという事を連絡してくれた時に発覚。
部屋②は4人に。

しかし同時期に部屋①のEさんも来れなくなったという連絡も来た。
部屋①も4人に。

私が始めの2人を間違えないで配置が

部屋①/,B,C,D,さん
部屋②/,H,I,Jさん

とかになってたら

部屋①/B,C,D
部屋②/F,A,H,I,J

という風になってたのかもしれないのである。

そうなったかもしれないし、そうならなかったのかもしれない。
仮にそうなったとしても、それも天の采配と言える結果なのかもしれないが、
私的には預かった料金は同じだし部屋の広さは平等なので、なるべく平均的に人数を割り振りたかったのでホッと胸をなでおろしたものである。

間違いと思ったことが結果的にそうでは無くなったので、これも仕組まれたことなのかも知れない。

という事があった。



というか、初めから間違えるなと思うかもしれないが、申し訳ない。
その他にも名前と県名間違えたりした。学習してないと思われても無理は無いです。

弁解するならAさんとGさんも初めは間違えてなかった。
ある程度形になったら一旦印刷して、こういったことはメモしていたのです。。。
しかし情報は更新されるもので、何回か印刷して書き込むうちにAさんとGさん上下に並んでいるのもあり
間違えて書き入れてしまった。
名前と県名を間違えたのもそういった理由です。

と言う事に最終段階になって気付き、最後の名簿は見間違いの防止の為罫線を5にづつ太くしました。(だんだんですます調に)


そんな事もあった部屋割りでした。

ツアーガイドの人とか、添乗員とか、すごいなあ!と思わせてくれる体験でした。
私はヒィヒィでしたがこういった事、楽々出来る人もあのメンバーには居たと思うんですよ。
多分、魂の成長という観点の集まりから言うと、

①楽々できる人
②頑張ってギリギリできる人
③できない人
(細かい段階は割愛)

というグループ分けが出来るとした場合、②の人が高い成長具合を見込めるので、
こういった幹事(でも何でも良いけどこの場合幹事)の役割は②のグループから白羽の矢が立つものと思います。
で、③の人は殆ど居ない(全員をよく知らないので憶測だけども、ここまでやってきた実績を振り返ると)と思うので
大体の人が①か②に振り分けられと仮定して、誰でもそういう機会に出会えたら出来るのではないか?
という結論に達してます。


いや、事の始まりは潜象からという事で、どこか自分の自覚無く預かり知らぬ所で決まってるので
今回(成功も失敗も)こうなったのだと思うしかないです。
スポンサーサイト

Posted on 2017/10/24 Tue. 00:59 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 2

コメント

へぇ~

そんなことがあったんだ。
面白いね。

裏話ありがとう。

URL | りか #-
2017/10/25 06:35 | edit

Re: へぇ~

怪我の功名というか、まあともかく丸く収まって良かったです。

URL | zaba #-
2017/10/25 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/391-bbb19f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top