FC2ブログ

点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

  

滅多に無いことなのだが、この間階段から足を滑らせて2、3段落ちてしまい、
左側の肘を強打、左の尻と背中下方も打ち付けた。
この足の滑らせは奇跡的な条件が整って起きたことだと思う。

まず、時系列としては
1:その日の朝出るとき天気は別段悪くなく、問題なしと判断していつも履きなれてたスニーカーではない靴を選んで履いて行った。
2:その後帰宅時には雨が降ってそうだったので置き傘を持って帰路に着く。
3:ポストから回収した郵便物に気を取られながら階段を上る。
4:うっかり傘を階下へと滑り落としてしまう。
5:2,3段の高さからだったので階段を降りずにしゃがんで取ろうとする。
6:足を滑らす。
7:肘を強打。とても痛い。

という流れになる。
どれが欠けても成立しないこの転び。何か因果を感じる訳なのだけども。
何というか、とても悲しい気分になった。。。
目撃者の居る転びも切ないが、独りきりで転ぶのも精神的に来るものがあった。
というか、転ぶのってとても痛いのですね。
衝撃が脳にもきててキーンと音はするは視界がぐるぐるするわで、コレが脳震盪というものか!と要らぬ経験を得ました。
これは痛い。と、改めてそう思ったので、これからは少し人に優しくなれそうな気がしました。

で、問題は肘の強打。
無理に曲げたり伸ばしたりすると明らかに痛くて曲がらない。
みるみる腫れてくる。
ネットで処置を調べる。
とにかく冷やして圧迫して、心臓より高い位置にして安静に。
とのことだったのでそうしておいた。

で、次の日折れてはいないがヒビ程度入ってるかもしれぬ。
との疑惑が濃厚なので病院に行ったのですが、別にどうにもなってなかったです。

良かったとホッとしたと同時に、では私は只の打撲にぴいぴい騒いでいたって事になり、自分は大袈裟なチキン野郎だったなあと思った訳です。
しかしまあ明らかに動かすと痛いので暫くおとなしくするとして、何でコレが起きたのかと考えるのですが、
怪我が起きるのは何かしら不調和が心身で取れてなかったというのもあるし(実際この所、悪想念にハマってた)
足を滑らす。は、まんまちゃんと地に足を付けてない今の状態を現していて、油断してる事を表してると思う。
肘の負傷は肘を張る、との言葉があるように威張ったり謙虚さを欠いてる状態、
気を張りすぎていて過度に力が入ってる状態、
を表してると思う。
心当たりがありすぎて耳が痛いです。

てな訳で痛い警告という事で肝に銘じておくことにします。

一見痛くて身に起きた不幸な出来事ぽいけども、打撲だけで済んだし時間が経てば治るからまあいいか。
むしろ話のネタになるし、身を振りかる材料になるからこれはこれで良いかなとも感じる。
日常の所作が丁寧になる。何とか工夫しようとする。という事もある。
本当は痛い目遭わないで分かれば良いのだけども。


そういえば、病院行って薬を薬局で処方するように言われたのだけども、出されるだろう薬は
ロキソニン(痛み止め)と、その薬を飲んだ際に荒れる胃を保護する薬、あと傷薬であった。

痛みは無理に動かさなければ痛くないので、ロキソニン要らんなあと思い、
そうなると、その胃の粘膜の保護の薬も要らなくなり、
傷薬に関してはこの件に関しては外傷は殆ど無いので必要無い。
これ飲んで治りが早くなるなら飲むけど、そういう事も無さそうなので薬は取りに行かなかった。
料金にはキチンと処方箋発行料なるものが記載されていたけども。
医者と薬と金の流れの闇を感じる。
いや、この件(打撲と骨折)がハッキリと分かって私は安心したという意味ではとても助かったのも事実。
そういう意味では病院には感謝しとります。
スポンサーサイト

Posted on 2017/09/29 Fri. 00:48 [edit]

category: 心の癖

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/381-65953173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top