FC2ブログ

点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

起こる事  

気が付いたら左の眼の目尻側から黒目にかけて充血していた。
目が充血してると何かしらトラブルが起きるらしい。(ココとかよりの情報

初めは話半分であったが、自分の経験則から照らし合わせてみると、確かに何かしら起こるのだ。
今回は左目の目尻側から黒目にかけての充血なので、情報と照らし合わせてみると

・同性
・他人
・トラブルに巻き込まれる
という類の事が飽きるかも知れない。

というのを人に言ったら偶然だろ。と言われたのだが偶然とも取れるし、それが起きるタイミングと重なるのも何かしら意味があるとは思う。
今の自分といえば痛みがなく充血に気が付いたら心構えをしておく。充血が収まるように安静にしておく。程度である。
赤みの程度に比例して事の大きさも比例する。ような気もする。
(考えてみればそれがなくとも常に心構えは必要だろう)

で、何かあるかなあとビビってた訳ではないのだが、それっぽいことが起こった。
電話対応での出来事であったが、何というか、凄い人であった。
迂闊に刺激してはならない人だと、流石の私でも知らしめるような人であった。
電話越しだったのでハッキリとは分からないが、50代近くの女性である。

(というような人と対応する時、相手の話をロクに聞かないで会話を被せてしまうことが自分にはあったのだが、堪えられた。というのが以前の自分に比べて変化があった部分じゃないかと振り返って思う)

というような人と少しの時間関わり、電話の人と恐らく同じ年代だろう仕事場のパートさんを比べてみる。
同じ年代でもこうも違うのかと思う。
というか、パートさんは同じ所で働いてて細かい部分で思う所はそりゃあるが、出来た人なんだと改めて思う。
職場にいる人がこの人で良かった。

そして、電話で支離滅裂な事を言ってたあの女性と同じような会話の仕方を自分はしてたかも。
と、思い当たる部分もある。
(本質から外れて、どうでも良い部分にこだわる。人の話を聞いてない。些細などうでもよい情報を自分だけが知ってるような優越感を感じる等)
そんな人物に辛抱強く対応してた周りの苦労を思うと忍びない。

という事を分からす為にあの電話の人は発現した存在なのかもしれない。

充血の件も、前もって心構えをさせることで冷静に対応させる為、身体がそのようにさせたのかもしれない。


しかし、自分の意識や想念が出来事を呼び寄せるとなると、
私の意識が
目の充血=トラブル
という図式になっていて、それを呼び寄せたとも言える。
鶏と卵のどっちが先か?みたいな話だが、どちらの可能性もアリといえばアリか。
トラブルは避けたいが、気付きたいという欲求もあるので、そっちが優先されるのだとは思う。
スポンサーサイト

Posted on 2017/07/18 Tue. 00:52 [edit]

category: 不思議現象

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/371-1de21720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top