FC2ブログ

点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

アブラムシとの戦い  

知人よりアップルミントなるものの小さな株を頂いたので可愛がって(水やりしかしてないが)いたらワサワサ増えて
もとの鉢が手狭になったので、株分けをして育てようとした。
栄養がありそうな土と、分けたばかりだったら弱ってるだろうと栄養剤も投入。
それいけなかったとはつゆ知らず。

数日後。
ミントにアブラムシが付着してるのを発見。
前は付いてなかったのに、どこから沸いたのか不思議に思ったが、アブラムシはよく見ると綺麗な緑色をして可愛い。
(※後から知ったが、ミントとか普通は虫が付きにくいのだが、栄養豊富な土とかで育てると柔らかい新芽とかにアブラムシが付く事がある。)
何を血迷ったのかその時私は
アブラムシも生きてるもんね><
少しぐらいなら見逃そう><

その繁殖力を侮っていた。

さらに数日後。
キモいほどにアブラムシ大発生。
ミント全滅寸前。

(この構図が日本と某K国とφ国のように思えなくもない。
これだから日本はダメになったのだ。とか思ったりした。)

流石に私はアブラムシを育ててるのではない、大事なのはミント。
と思い直し、対策を講じる。寝ぼけた事を言ってる場合ではない。
※リンク先画像注意
結構アブラムシの生態も面白い

ミントは再利用したいから、薬は使わない方向性でとなると、物理での駆除である。
初めに試したのは水に浸ける。
というものであったが、今の時期は特に水が暖かく、酸素がふんだんに含まれており、大抵の虫には効かないらしい。
(沈めた時、気泡が虫の体に付着して、それが酸素ボンベの役割をする。
気泡が無くなってきても周りの水には酸素が含まれており、そこから供給される)
という訳で水責めは効かないので、直接手を下すことにした。

よくあるのはガムテープにくっつけて除去というものらしい。
面白いほどにくっつく。
暫くアブラムシ憎し。と、見つけ次第殲滅してた。
しかし、いくらやっても全消去が難しい。(メスだけで増える。成虫は一日5匹生む)

そんなこんなでオリオンにて自分の気に入らないものは徹底的に消すという、ガンで亡くなった人の話が載っていた……
一番消したかったのは自分なのか……

今の私の行動は極端から極端である。
そこまでムキになる事ではないと思い直した。
最低限の条件としては
ミントの成長速度>アブラムシの数
なので、程々に殲滅する事にした。
暫くその作業をしてたら、大体どこら辺にアブラムシが付着するとかも分かってきたので、
そこまでムキにならずとも程々に作業も淡々とこなすようになった。

アブラムシたちも、死ぬ直前までソレは分からないのかもしれない。

という訳で自らのアホさ故に初期の段階での対策を講じなかったので、この様な手間を毎朝かけている。
かといって数分程度だが。
最近になって新しい芽も育ってくるようになってきた。

かといってミントの活用方が余り思い付かないという現状に最近になって思い至る。
スポンサーサイト

Posted on 2017/06/20 Tue. 23:04 [edit]

category: 心の癖

tb: 0   cm: 4

コメント

アブラムシは

我が家の睡蓮鉢に棲んでいるメダカたちにとって
とびっきりのご馳走ですじゃ。
丸々と太ったアブラムシたちを睡蓮鉢に落とすと
メダカたちが喜んで食べに来ます。
アブラムシもメダカも可愛いですね♪

URL | あやにゃん #-
2017/06/21 11:33 | edit

Re: アブラムシは

可愛くて栄養満点とは、アブラムシも良いやつですね!
可愛い生き物が可愛い生き物を食べる光景とか、最高です。

URL | zaba #-
2017/06/21 23:18 | edit

目からウロコ

だなあ。
アブラムシの可愛さがわかるって。
視点だね。
この記事とコメントとても参考になります。

URL | 赤子akago #-
2017/06/22 04:56 | edit

Re: 目からウロコ

きっと赤子さんにも分かるはず!
集団の光景はアレだけども、直接的には人には無害だし、動きも遅いし、色も綺麗なので。
しかし、リンク先のリアルな絵は……。

URL | zaba #-
2017/06/22 21:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/365-437a8616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top