点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

権力と権威  

例の前世カードなるものの中のうちに「権威者」と、出たのでそれについて考えていた。

未だに纏まっておらず、かといって完璧になるのを待ってたらきっと何時まで経っても記事になりそうにないそでとりあえず覚え書き程度にまとめておく。

権威者と出たとき、権威とは何ぞや?と思い、似たような言葉の権力とどう違うのか?と思った。
その違いにつて今まで考えたことが無かった。

辞書なり知恵袋なりを徘徊して、一応自分なりにまとめると
・権威とはその影響下にあるものが自ずと従うもので、それ自体に強制力は無い。
・権力は属する構造のルールとして据えられたもので、それ自体に強制力がある。

大抵は権力に権威が付いてる場合が多いし、逆のパターンもある。
権威というのは、人々の共通のイメージが作り出したもので実体が無い分、自分がその影響下に置かれてると意識しづらい。
権威と権力の大きな違いはその影響力が自分の内側か外側かだと思う。

そして、自分はその影響をモロ受けやすいのだと、最近知った。
イメージの影響を受けやすい。

どうも苦手な人がいる。
今は婆さんなのだが、かつてどこぞの学校長をしてたらしく、今でも何かしら文化的な活動に関わっており、、、
何というか、上から目線なのだ。
あからさまなそのような言動を取ってないのだが、端々に滲み出る雰囲気が嫌だなあと思っていた。
のだが、本当に嫌なのは、その上から目線的な雰囲気に萎縮してしまい、本当の自分とは違う言動をする自分だということに気づいた。

もっと言えば、偉そうな態度をとり、私の言動や精神の自由を奪う憎いやつ。
と、思っていたのだが、一番自分を不自由にさせたいたのは自分であった。というオチである。
こういうのを逆恨みという。。。
その影響下に自分を置いていたのは自分であり、その責任は相手ではなく自分にある。
権威というありもしないモノを自分自身で認めていたから、そのような人に対して自分はそのような態度をとったのである。

権威について考えたらその事に思い当たり、なるほど。と、納得したのである。


思い返せば、その権威の影響下にある状況に例えようのない怒りが沸いてた。
そのくせ、その人物には反発できないのである。
逆らえないものに従おうとする自分に、その相手にも腹が立つ。
指図をされるとそれが正当なものであっても腹が立つ。

今ではそこまで苛烈さは少なくなったとは言え、何でかなあと思ってり、これはどうにかしたいと思ってたのだが、この度、その原因が前世絡みであるかも知れないと思うと、何となく腑に落ちる。

自分はよっぽどやりたくない事を、権威に負けて行ったのだろう。

肝心な、具体的な時代や国に関してはさっぱりなのだが。
そこはそこで詰めて行ければと思ってる。
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/09 Sun. 00:28 [edit]

category: 心の癖

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/340-2cfa5e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top