FC2ブログ

点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

精巧なピタゴラスイッチのような  

具体的な内容は伏せますが、身近に不幸なことがあり、己の無力さを久々に味わいまして、何故これが起こったのとか
意味とか考えても、それっぽい考えはあってもそれはその時点での事なのでそれはそれとして
自分には何ができるのかとか思う部分がある。
でもそれは果たして自己満足にしか過ぎないのでは。
とも思うのだが、それはそれで私の勝手なので後は相手次第でどんな反応が来ても良いか。
と前よりかは思えるので、行動を起こすことにそこまで抵抗が無くなってきた。

と、そういう時は起きて欲しくないことが重なるもので、

・起きて欲しくないことが
・起きてはならない人物に対して
・起きてはならない時に起きる
という、これはこれで最早神がかり的な絶妙なタイミングとしか言い様がない事が起きたので、
上の存在に(聞いてないよ)と思っても、ここまで見事なタイミングが重なった状況を省みると
きっと関わった人物らできっと了承を得たから起きたのだなと、感じてしまう。

ならばただ起きたことを受け止めてそこから何を得るのか。
そのような課題を与えられたように思える。
狭い視野で見れば不幸なことも、そうでもないので、ならばこれはチャンスなのだと思えばそこまで落ち込まない。

それでもやはり落ち込むが、腹が減ったら食べる程度の気力がある辺り、
底に落ちても其の位置が底上げされたように感じるし、一日寝れば結構元気にもなるので、
これはこれで自分は本当に反省してるのかと思わなくもない。
しかし、出来ることと、そうでない事があり、それ以上の事はその時に考えようと、
ふてぶてしいだろうが起きてない事を心配しても疲れるし、精神衛生上良くないのである。
だから今はそこはそういう事にして、置いておくことにする。

因みに渦中の中、やりすぎはいけないと思いつつ、ネットのワンオラクル引いたら
悪魔がやたら出る。
執着してるのだと思った。
確かに後悔先に立たずと言うが、過ぎ去った過去は戻らないし、
そこから意味を考えるしか生きる人は出来ないのだろうなあと、分かった口を利いた風にうそぶくのである。
客観視するツールとしては有効か。
あと、梅花心易で、山地剥の五爻水山蹇の上爻が出た時は、的を得すぎてると思った。
そういえば、以前は自分の思わしくない結果が出たらノーカン扱いしてたなあと、振り返る。
https://www.youtube.com/watch?v=V8sqIfZK1-M&list=WL&index=41

この動画は私もクリキンディのようになろうと奮い立たせてくれる。
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/22 Wed. 00:49 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raityo554.blog.fc2.com/tb.php/331-9b85c2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top