点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

ささやかな抵抗  

ほんの僅かでも、自分の意思を発信する事に意義があるという部分が少し分かったので(にして前記事から日数が経過したが)
たまにヤフーニュースのコメント欄にてコメントをするようになった。
アレは好き勝手書いても全部載るので、そういう意味では公平だなと思う。

しかし、たかがコメント、されどコメント、短い文章の中でキチンと焦点ぼやけず意見を述べるのは難しい。

しかも、多少なりとも親指の上げ下げの反応あるので、それに左右させずに意見を述べることに対し鍛えられる。

で、実際やってみたら存外日和った意見を述べてる自分が居ることに気付いた。
別に過激な事を書けば良いという訳でもないが、反応を恐れて本心とはズレた意見を述べてしまうのだ。

本当はもうちょっと違うのだけども、そのちょっとが曲者で巧妙に隠すものだから自分でも気付かないのだ。
それを色々無意識にやってきたのだと今更思う。

しかし、大勢の中で意見を述べる訓練や慣れるのに自分では結構有効と思うので、興味のある人は気軽にやってみると良いと思う。
しかし、自分が知らないだけで結構他で意見を発信してる人も多いのかもしれないので、今更…
と、思われなくも無い。
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/28 Tue. 10:10 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

精巧なピタゴラスイッチのような  

具体的な内容は伏せますが、身近に不幸なことがあり、己の無力さを久々に味わいまして、何故これが起こったのとか
意味とか考えても、それっぽい考えはあってもそれはその時点での事なのでそれはそれとして
自分には何ができるのかとか思う部分がある。
でもそれは果たして自己満足にしか過ぎないのでは。
とも思うのだが、それはそれで私の勝手なので後は相手次第でどんな反応が来ても良いか。
と前よりかは思えるので、行動を起こすことにそこまで抵抗が無くなってきた。

と、そういう時は起きて欲しくないことが重なるもので、

・起きて欲しくないことが
・起きてはならない人物に対して
・起きてはならない時に起きる
という、これはこれで最早神がかり的な絶妙なタイミングとしか言い様がない事が起きたので、
上の存在に(聞いてないよ)と思っても、ここまで見事なタイミングが重なった状況を省みると
きっと関わった人物らできっと了承を得たから起きたのだなと、感じてしまう。

ならばただ起きたことを受け止めてそこから何を得るのか。
そのような課題を与えられたように思える。
狭い視野で見れば不幸なことも、そうでもないので、ならばこれはチャンスなのだと思えばそこまで落ち込まない。

それでもやはり落ち込むが、腹が減ったら食べる程度の気力がある辺り、
底に落ちても其の位置が底上げされたように感じるし、一日寝れば結構元気にもなるので、
これはこれで自分は本当に反省してるのかと思わなくもない。
しかし、出来ることと、そうでない事があり、それ以上の事はその時に考えようと、
ふてぶてしいだろうが起きてない事を心配しても疲れるし、精神衛生上良くないのである。
だから今はそこはそういう事にして、置いておくことにする。

因みに渦中の中、やりすぎはいけないと思いつつ、ネットのワンオラクル引いたら
悪魔がやたら出る。
執着してるのだと思った。
確かに後悔先に立たずと言うが、過ぎ去った過去は戻らないし、
そこから意味を考えるしか生きる人は出来ないのだろうなあと、分かった口を利いた風にうそぶくのである。
客観視するツールとしては有効か。
あと、梅花心易で、山地剥の五爻水山蹇の上爻が出た時は、的を得すぎてると思った。
そういえば、以前は自分の思わしくない結果が出たらノーカン扱いしてたなあと、振り返る。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/02/22 Wed. 00:49 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

曹植  

こちらの記事を読んで、このエピソードを思い出した。
七歩詩 曹植
同じものなのに扱いの差という部分が。
其の辺の繊細さが私には欠けてるので、見習いたいものです。。。

端切れの扱いは私もたまに迷うけども、布の世界には「百徳着物」「小豆三粒」という素敵な言葉があるのだー
とリンク先の記事を読んで布って貴重なんだよなあと、思い返す。
昔は偉い人しかふんどししてなかったから、戦では討ち取った人物の身分の確認にされたとか、、、
裂き織とか、着古した服を割いてひも状にして、また布にしたりとか、、、知恵と工夫もあるが、
まずはそれを何とかしたいという優しい心から出来てるのだと私は思った訳です。

私は革を扱ってる訳だけども、元々生きものなのだというのは、ちらちら頭についている。
生きた牛を見たことあり、つぶらな瞳で穏やかで可愛いなあと思ってるので牛は好きである。

じゃあその革見て可哀想だとは思わないのかと言われると、ヌメ革見たら、
その作業工程と携わる人につて調べた事があり、それを思うと
それはそれで立派で綺麗だなあと思うのでありがたく使わせて頂きます。
という気分であるので可哀想とはあまり思わないのである。
しかし粗末には出来ないとは思ってる(の割に失敗するが)。

そういえばチラと革はスピ的にどうなのか思った事があった。
生き物がかわいそうだから使わない主義の人も世の中には居るので、それもアリだと思う。

結局私は私の楽しみのために他の命を使ってる訳である。

Posted on 2017/02/16 Thu. 22:27 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

なかよし  

地下鉄の帰りで女子中学生二人が階段でジャンケンして、勝ったほうが先に進む。というゲームをやってた。
無邪気にはしゃいでて微笑ましかった。
そういや自分もそんな遊びやったなあと、そんな時期もあったなあと、懐かしい気持ちになった。
私のところは
グーで勝ったら グ リ コ で3歩
チョキで勝ったら チ ョ コ レ イ ト で6歩
パーで勝ったら パ イ ナ ッ プ ル で6歩
それぞれ進む。
というルールであった。
この手の遊びは地域によって違うのだろうか?

なかよしつながりでトランプ氏とアベ氏。
写真を見たらお花が見えたよ。この二人。というか、実際そういうコラ画像も作られてそうだ。
仲の良いオッサン達……良いと思います。そういう繋がりがあるというなら、逢えて良かったねえと微笑ましく感じます。
これがヒラリーだったらこうはいかなかったと思う。
おっさんと花
政治とか、今までそこまで関心は無かったが、このところの動向は興味深い。
ぜひ、大胆不敵にやってほしい。
トランプ

Posted on 2017/02/14 Tue. 01:53 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

心に残るゲーム  

何か作業してると昔読んだ漫画とかゲームをつらつら思い出すことがある。

ふと、ブレスオブファイア5~ドラゴンクォーター~(通称BOF5)を思い出してた。
シリーズものだけども、私はこのシリーズは5が初めてのプレイで、なんで買おうと思ったのか思い出せないがトレーラーが良かったのかもしれない。

当時実際プレイした時と、今思い返すと、このゲームの世界観や人物たちは
実際リアルな私たちの世界と同じであると今なら分かる。

生まれつきすべき役目を強いられる搾取される側の大多数の人、
一部の特権階級が恩恵を受け(話し中、権力を得た者の苦悩も描写される)、
そのさらに上にいる支配者たち(善悪を超えた思想で動く)

制作者の意図とかどこまでかは知らないが。
多分私の世代以降辺はこの世界のリアルな仕組みが、こんな形でちょくちょく知らされてるコンテンツが溢れてたのかもしれない。

プレイヤー側は選ばれし者とか優れた人(目に見える範囲)なんかではなく、
その世界の底を這いずり廻って不当な扱いを受けてた人たちで、このゲームの世界において結果的にぐれんを起こす訳である。

それも世界を救うとか高尚な目的や思想のためではなくて、
一人の女の子を救う為に今あるものを全て壊してしまうわけであるが、主人公は何を感じ取ってそこまでの行動に出たのかと、
思う事がある。

単に恋愛がらみでもなさそうなのだ。

この子は象徴的であって、主人公は出会うことで、その出自を知ることによって、こんな世界は駄目だと悟ったのだと思う。
世界を変えたのは、力でもなく、まずは心からであったのかなあと、綺麗風にまとめておく。

で、ゲームとしてはとっつきにくのだけども、よく出来てて、システムを理解するとハマる。(死んで覚える)
ダークな世界観で結構悲惨な人たちも多いけど、当時(今は知らないが)は結構こういった味わい深いゲームが多かったと思う。
ビジュアルイラストも好みである。
懐古主義と言われれば否定はしないが。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/02/12 Sun. 00:37 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 2

衝動  

プレゼントは今日クリックポストにて発送しました。
到着までしばらくお待ちください。

発送だけならサクッと次の日に出来たのだけども、いざ梱包の段階になったら、コレを何に入れようか?
折角だから良いものにしたい。という妄念に取りつかれまして。
自分の周りを見渡せば手元に革の端切れがあったので、それを使って何か出来ないかと考えました。
この端切れは教室で頂いたのですが、殆ど使わないで放置してました。

しかし、
・余り手をかけたくない(前述と矛盾してる)。
・縫いをあまりしたくない。(時間がかかる)
・構造はシンプルなもの(複雑なことができない)(いや、物はシンプルな構造が良いのだと言い訳しておく)
型紙
思い付いたのは良くある三角形のコインケースですね。
これなら縫いが一箇所で済むし、楽であります。

石入れ
ヌメ革そのままで風合いは私好みです。毛羽立ちの処理もします。
なこんな感じで同じのを延々と作るのは飽きるので、刻印を変えたり糸の色を変えたりして飽きを回避します。

隙間
しかし、見切り発車で作業したので思惑通りとは違った完成になりました。

どうしても隙間が……!構造上の問題ですが巻いて留めるタイプは三角形のコインケースには向いてない……なあと思いました。
まあ、石入れてもこぼれ落ちることは無いけど、納得いかない。
コインは入れて大丈夫でした。

思いついたときはこれは良いぞ!と思ったけども段々完成が近づくにつれて何か違う……
これは私にはよくある事で、初めの段階でちゃんと考えてなかったり、飽きてきて尻すぼみになったり、
丁寧さと根気が足りないですね。
けど、作ったものは作ったものなので一応一緒に入れておきました。
革も端切れの質が良くない部分なので、これはあくまでもこれはオマケとしてお納め下さい。。。


こんな感じでたまのたまに創作意欲が沸くのですが、今回思ったのが、どうもピンポイントで沸くなあと思いました。
(魂の役割の視野の狭さ故か)
送る石が他の石だったら、ここまではしなかったと言うのは断言できるので、色々条件が重なって意欲が湧いたと自覚します。
今回どうしても、”これを入れておく良いもを作りたい”と衝動的に思ったので作らせて頂きました。
(の割に構造が問題だらけであるが)
時間が余りかけられないという現実も、集中して作業できたのに一役買ったと思います。

しかし、自分的に遊べて楽しかったです。

これまで他の人が色々提案や、提供をしてくれてそれに乗っかって遊ばせてくれたので、
ここまで出来たのだと思います。

ではでは今回お付き合いくださいましてありがとうございました。

要らない本とかも出てきてるのでたまにこうやって放出しようと思います。
ただ古本屋に持っていくよりかは楽しめそうだし、色々学べる部分があります。


あ、そう言えばこの三角のケースは”ぐれんのケース”と名付けようと思います。
手に収めるとピラミッドがひっくり返った形状なので。
使うと意識の変革を徐々に無意識レベルで刷り込みます。※しかし個人差あります

洗脳とどう違うのだろうかというツッコミはさておき、
設定を盛っておいて価値を上げようという姑息な手段であるという自覚はしてます。

Posted on 2017/02/09 Thu. 01:16 [edit]

category: 趣味

ご応募ありがとうございます  

前記事のプレゼント応募ありがとうございます。

コメント下さった5名様にトルコ石送らせていただきます。
ぼちぼち発送業務行いますので2~3日お待ちくださいませ。

Posted on 2017/02/05 Sun. 21:15 [edit]

category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

トルコ石差し上げます(2/5終了しました)  

約一年前に火が付いたトルコ石のマイブーム。
今でも細々とヤフオク徘徊中ですが、数が増えてきたので欲しい方
しがない駄弁りを垂れ流してるブログに訪問して下さってる方に感謝を込めて
先着5名様にプレゼント致します。
終了しました。ご応募ありがとうございました。

と言っても大したものでは無いですが、、、
しかし、トルコ石好きの名にかけて吟味を重ねて入手したものなので私的にはオススメの品です。
染めてない練りターコイズでもない、天然の品です。多分。
(しかし、強度を増すための樹脂浸透(ステビライズド)はされてるぽいです)

先着順で大きい&綺麗な品を優先的に差し上げます。
(大きい物は親指第一関節ほど小さくて小指の爪くらい)
石の状態は、研磨された物から原石の状態の物、穴が空いてたり無かったりと
それぞれ個性が違って色々面白いです。
写真は載せないので何が来るのかはお楽しみという事で。

★応募方法★

コメント欄に以下の内容を明記して非公開にてコメントください
①お名前
②〒住所
③メールアドレス


※無くなり次第終了とさせて頂きます※

では、ご応募お待ちしております。


~トルコ石の効果~
昔からお守りの石として有名であり、人との関わりの歴史も古い。
・旅のお守り
・目標達成
・邪気を払う
・勇気を与える
・高次元の存在と繋がる
・人から貰うと効果倍増!

Posted on 2017/02/05 Sun. 00:09 [edit]

category: お知らせ

tb: 0   cm: 5

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top