点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

身の丈  

どうにもこうにも、求められてないのに、自分で過剰に“こうせねばならない”という囚われが発生し易い。
結局その“せねばならない像”は的外れな場合が殆どなのだが。

今、自分の中で堂々巡りをしていて同じ位置で足踏み(実際はもっとジタバタ)してる。
というのに思い当たり、じゃあどうするのか、どうしたいのか?と思うのである。
何を優先させるべきで、それを阻んでるのは何か?
と掘り下げていくと結局は
・自分可愛さ
・それに伴う自己中な思考
・自分を守ろうとする
どこまでいっても自分な訳で。

それをしなかったらどうなるか?
と想定すると、もっと自由に気は楽になるだろう。
その方が良いと思える。

身の丈に合わないキャラは演じる物ではないとつくづく思い、
思ったより自分は適当な人間なのだななあと、自己に対する評価の修正を余儀無くされ、
しょうがない。それが自分だと思えば
そういう自分も微笑ましいという位置に今の所居る。
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/26 Tue. 10:29 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コインの符号  

コインをいくつか頂きそのうち私のコインはオーストリアの10グロッシェンというものであった。
オーストリア?はて?何処だっけ?と思い調べると音楽の都ウィーンがあったり、
クリムトの絵が好きなのだがかの人物の出身地であるとか、
そこに縁があるのなら悪くないなあとほくそ笑んでた。
10グロッシェン
オーストリア国旗
(上:10グロッシェン 下:オーストリア国旗)

グロッシェンという単語が聞きなれないのでウィキで調べたら、元々ポーランドの通貨で近代では
ポーランド、オーストリアが使用されてるという。
ここでポーランドが出てきて少しんん?となった。
なぜなら前の記事でポーランドという曲で私は記事を書いていたからだ。
当然、コインが来る前だ。

ポーランドという国についてはサッパリで、何となく大変な歴史を歩んできた。
というイメージしかないのだが。
ポーランド国旗
(ポーランド国旗)

オーストリアといい、ポーランドといい、国旗の色使いが日本と似てるので親近感を覚える。
日本国旗
(日本国旗)

国民の気質も日本人と似てるらしい。親日国でもあるという。
等という情報を得て、最近のポーランドに対する好感度はうなぎのぼりである。(単純)
学校の授業では余り取り上げられてないが、一時期はその一帯を支配したらしい。

こうやって色々知っていくと、世界が広がる感じがする。

Posted on 2016/04/06 Wed. 21:55 [edit]

category: 不思議現象

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top