点と線と円
どこまで行けるかこの旅路
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



キチと生真面目
先の記事のエホバにつっかかったのは、じぶんが正しいと思うから腹が立った
と言ったほうが近いと思う。
自分が正しいの応酬はキチガイ同士のやりとりではないか。

続きを読む
スポンサーサイト
認めたくないという本心
Q10にて、無の人とかバカキチとかの事例を考えると、自分の事じゃあないかと思う部分があり、違うと思いたいが、そうじゃないと悶える日々。

今日、月一ぐらいで来るエホバの人間が来たのだが、
太陽は神が作ったから、その恩恵はまだ続いてるので、我々人間は、神を信じて生きなければならない。
そうすれば救われる。
と、そんな内容を話してきたので、その唯一絶対神を盲目的に信じてる「無」部分に
自分の中の「無」が触発されてイラついたので突っかかってしまった。
私:信じてる者しか神は救わないのか?
エホバ:いいえ、そんなことはない
私:じゃあ、布教しなくても良いじゃないですか
相手:でも、知ろうとしたり、情報を得ようとしないと救われない
私:太陽を神が作ったという前提の証拠は?
相手:聖書にそうある
私:聖書にあることを鵜呑みにして自分で考えて無いじゃないですか、私はそういうのは疑ってる
相手:聖書は1500年ずっと変わらないで受け継がれてる(記憶曖昧)

云々と、まあ、こっちも何が言いたいのかよく分からなくなってきて、不毛な会話をした。
とりあえず、神は信じてる人間しか救わないのは分かった。
何から救われるのだろうか?
そんなに救われたいのだろうか?
今度来たら私は※スパモン教信者ですとでも言っておこうか?

しかし、これは魂の戦に負けであると自覚する。
こういった手合いの人に会うのも、何か分かれとせっつかれてる気分だ。
混同する
思えば、私は何かに誰かになりたいと思っていた。
小学生の頃、同級生に頭の回転が早く話も面白いコが居て、ああなりたいなあと強く思って、一日だけでも中身が入れ替わりたい!と真剣に強く思った事があった。

このところは、先行く人や光ってるなあと感じる人の動向を辿っては、こういう人になりたいなあと思ってた。

が、こういう人になりたいと、この人になりたいが混同していた。

こういう風になるにはこうしなきゃ、ああしなきゃ、自分の頭の中で基準を設けて課題を設定して、楽しむ事すら条件付けてと、単純な事を複雑化して、それを試練!とか捉えていたのだ。

今になり、やはり自分は自分にしかなれないのだと思うようになり、気が楽ではある。

憧れの芽は気を付けないと、自分を見失う。
新年
正月はのんびり一人で過ごすか〜などと思っていたが、
人に言えばそれで良いの?と言われること多数で、それを聞くたびなんだよーと思っていたのだが、
同時に何を言われても自分がそれが良いと思えばそれをすれば良いのだが妙にひっかっかる。
どっちにすれば良いのか迷っていたのだ。

正直に言えば正月の過ごし方で2015年の出来事を思い出したので、この数日妙に腹立たしくなっており、
まあなんと言うか当て付けというか意地を張ってるなあと思ったのでありました。

一年前の出来事を未だに根を持ってるのってどうよ。
とか、アホだと思ってもそこまで感情を害する事でもないよなあと冷静に思う部分もあり(あちらも大した事と思ってない)、
ギリギリに帰省する旨を伝えた。
快く受け入れて貰えた。

父は祖母の方に帰省してるし(マザコンだ!)母は一人だし適当に済まそうとしたらしいが、私が来るという事でちょっとしたご馳走を用意してくれた。

なんだかんだで一人で過ごすよりは楽しく過ごせた。
コタツもあるし、ご馳走もあるし。

新年丁度に放屁して顰蹙を買い、「初オナラだ」と居直ったのは私です。
そんなんで笑ったので良いとする。