点と線と円
真剣に、自由に、楽しんで、生きる。
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



頑張り方を間違う
オリオンゲート発行と集団鑑定ありがとうございます。
さて、情報を受けるばかりでなにか考えなきゃとおもうのだけども、グダグダな内容なんでご容赦いただきたい。

完璧な文を書きたいなあと思ってもそこは自分に対する逃げになるので
とりあえず、現状にての感触である。

前々回は
新地球 現状維持

前回
新地球 新地球

今回
境界線 現状維持

である。

この流れに付いてるけてるのか不安になるが、余計な心配はどツボにハマりそうなので程々にしたい。


続きを読む
スポンサーサイト
エニアグラム4と9
ぐれんの記事のエニアグラム診断をやってみた。

これ

それ

はほぼ同じ結果が出た。
高い値は4と9。
逆に最低値は8。2と3も低い。
である。

この結果を受けたとき、これって単なる怠惰な人じゃないか……
と、思った。

表面上は穏やかだけどやりたいことしかやりたくない。面倒なことは避けたがる。
強情、特別意識……まだまだ気付かない事があるのだろうなあと
頭を抱えたくなることも多いですよ。
まあ、ある意味人間味があだろうと、前向きに解釈します。

総評としては当たってると思います。ハイ。

しかし、それこそもうちょっと賢くならないと周りに迷惑かつ、
自分も面白くないのでどうやって自分を活かすのかが目下の課題です。
ペルーのハサミ踊り
先の記事の踊りはペルーのハサミ踊りなるものであった。
そのままじゃないか!と、突っこみたくもなるがなるが、
スペインに植民地化されて禁止されて最近復活したものらしい。
無形文化遺産に登録されてるならテレビで見たことあるかもしれん。

復活してからそんなに年月は経ってないぽい。

今年2010年11月、無形遺産の審査が行われ、いくつか新たに登録されました。そのうちの一つが、ペルーの”ハサミ踊り(Scissor's Dance)”です。
 このハサミ踊りは、かつてスペインの植民地下において、異教の儀式として、長い間禁止されてきました。これが解禁になったのも、たった数十年前の話です。ペルー独立後も禁止されていたのですが、ペルー市で人気が得たこともあり、解禁になったものです。
 もともと、先住民の神話などを伝えるための踊りだったものです。かつての踊りがどの程度維持されているかわからないのですが、なかなか興味深い踊りです。


引用元

南北アメリカ原住民には元々は弦楽器は無いらしいので、
原型は違ってたのだと思うけど、エッセンスは残っていると思う。

お祭り?

ついつい最後まで見てしまった。。。。
これもフォルクローレの部類に入るのだろうか?
続きを読む
縄文で思い出した。
以前、縄文の神秘なる本を持ってたのだが、例の大掃除の際に手放していたのであった。

ふと思い出し、また入手した。

大型の本は土器の写真がふんだんに盛り込まれてて見てて飽きない。
そして解説文。
単なる歴史資料の情報だけでなく、当時の縄文人の精神性について寄り添って書かれてる。
生死観、生活様式、何を思い何を大事に思って生きていたのか。

手放した当時よりあまり値段変化なくて良かった。。。

空色勾玉という本の一文で曖昧な記憶だが最後辺りで

土に水を加えてこねて形作り、火にくべると全く新しいものが生まれる
相反するものが和合して、新しいものが生まれる
どれもなくてはならない。。。
みたいな内容があった。

そんな事も思い出した。
まあ、いいか……←良くない
結構な頻度で
まあ、いっか……
と思い、おざなりにしてきた事が結構あった。
氷山の一角であるが、メールの一文の返信やちょっとした連絡、報告すべき事を後回しにする。
そういう些細な事の積み重ねが積もって精神を圧迫する。
そんなに時間のかからない事なのに、何故にそうしないのか。
大したことないと思っているのか。深く考えてないのか。大げさに捉えて億劫になっているのか。

最近、仕事中とある人のやり取りで、結構な頻度で決まりごとを簡単に反故にされたりして
(同業者ならそれがこちらの迷惑になると考えないのか……舐めているのか…
けったいなヤツだな、失礼なヤツめ)
とか、思うことがあったのだが、
一つ分かったことがある。
失礼を働く奴はそれを失礼と思っていないのだと。

失礼と分かってればそんな事わざわざしない。

それをそれを私は実体験で味わった。
自分では大したこと無いと思ってもとんでもない失礼を働いていたのだ。
傲慢さ、相手に対して舐めた態度をとる。これは自覚できないから恐ろしい。

もう、穴があるなら入りたいと精神は悶絶してます。。。

やりたい事やるのは結構だが、その前に果たす事はサッサと片付けなければならない。

逃避にそれを使ってはいけない。
と、肝に銘じる今日この頃。



蹴破る


ブログを始めた時、自分の絵を載せるという事は無いと思ってたが
心境の変化とは、自分でも予想がつかないので、
そいう気分になったからそうするのであって、それ以上でもそれ以下でも無かった。

描くと、丁度良い指針になる。
何を思って何処から湧いた気持ちか
何と無く自覚できる。

思い悩むなら取り敢えずやってみて、
自分が何を思うか実際体験した方が早いのだ。
そんな風に思った。
青緑色の部屋の男


妙に最近ターコイズが気になる。
続きを読む
マヤの戦士


我ながら良い男だと思う。