点と線と円
どこまで行けるかこの旅路
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



誠実なようで不誠実
昨日の内容とカブった事が起きた。

装飾品の修理も受け付けている仕事場にて、電話対応であったが、今日精神力を削る客にかちあった。

具体的な内容は割愛するが、
修理をやっているならばコレコレこういう具合が悪くて簡単に直りそうだけど、持って行くの面倒だから、電話で出来るか出来ないかハッキリ言ってくれ。
出来ないなら持って行かない。
出来るなら、他にも頼みたい物があったりする。チラッチラッ

との事。

優先順位としては、売り上げ作りたいし、他にも頼む物があるのなら、美味しい話。
なので、出来るならこの時点では受けたい。
と思ったが、その条件である、ハッキリ修理可能か断言出来ない。
だから、一度見せてくださいと言ったら、言い方がマズイらしくそちらの機嫌を損ねてしまった。
同んなじ内容をクドクド言い、それもキツ目の言い方で、機嫌損なわせてしまった!私はその人の主張を受け入れねばならない!
と、無意識に選択しつつあった。
焦ってた。
しかし、かろうじて残った判断力で、担当の者に確認しますと、改めて電話する事にした。

確認したら、やはり電話だけでは判断出来ない。
そりゃそうだよね。

私じゃ頼りにならんとバトンタッチしてくれて、結果的には、受けない。
という事になった。

冷静に考えたら、この人物からの依頼は、金銭以上にリスクの方が高い。
と感じた。

そして、そのぐらい予見して、自分で解決出来無かった不甲斐なさを改めて思い知る。

そりゃ、依頼されたら心境的には力になりたいけども、依頼者とこちらは対等な関係と思っている。
なのに、一部しか情報を提示しないで、こちらに要求を一方的に呑ませようとするのは依頼者に不誠実さを感じた。
そして、無責任に良い顔しようと耳触りの良い返答をしなければ。とした私も、不誠実な思考であったと思い返した次第である。

強気に出る人と対峙するのが苦手なのである。
昨日記事にしたように思考にモヤがかかる。

何をそんなに怖がっているのだろうか。
私は。


そして、私は普通に話の通じるお客さんの有り難みがすっごく身に染みた。
スポンサーサイト
薄々気付いてたけども
自分より行動力のある(と思い込んでいる)人物に対して思考がモヤがかかったように曖昧になってしまう傾向がある。
古くは母親が居ると私は知らず知らずに母が希望している(と思い込んでる)行動をとってしまう。
近くに居なくても、存在していると思うと、私の本当の気持ちよりそちらを優先してしまう。
それで、相手を優先して行動して、不可解な不快感に今まで襲われてきたけども、原因は、自分をおざなりにしてきた。
ということは、知った。
けども、深いところまでは浸透していない。

行動力というか、敵わないというか、敵対関係になりたくないというか。
一見、アワぽいけど、心根にあるのは自分かわいさ。
アワ人間が敵対したくないからというのは、相手が不快になるのが嫌だからとか、だと思うけど、私のこれは、自分が不利になるから、行動しないという選択をしている。(アワ人間は生命全体を損なうことを避けるので、戦いそのものを避ける。サヌキは不利と思う争いを避ける)
と、思う。

一部の友人に対してもそうで、強く言えないというか、やや言いなりな自分を自覚している。
そのくせ、心の中で批判めいたことを思ってたりするので、これは陰険であると自覚した次第である。

客観的にみて、行動せずに不満だけは一丁前。
という人物は卑怯で、私は軽蔑する人物像であるが、それに自分が当てはまってしまってるという事実。
そういった私の一面に辟易してるので、どうにかしたいと思ってこうやって考えたりこねくり回しているのだけども。
自覚した。原因に思い当たった。
では、解決されないのか、不満や、抱かなくていい不満恨みつらみ。余計なものが積もりに積もっていて、どうしたらよいのやら。自覚出来ないだけで、きっとたくさんある。
どうにかしたい。
そばがき
数日前から無性にそばがきなるものが食べたくなった。
で、粉を買って、作ったら悪魔のようなものが出来た。
何と言うか、クトゥルフ神話のアザトース
みたいなやつ。

私は疲れた。
蕎麦が今、細い物が主流なのには訳があると、身を持って知った。
親子百景
男性の怒鳴り声が近くからしたので周りを確認したら、小学校低学年位の女の子がギャン泣きしていて、父親らしき40代位のガタイの良い男性が怒鳴って止めさせようとしていたらしい。
それならまだしも、持ってる傘で叩こうとする素振りを見せてたので、ホントに叩いたらどーすんだ…
と思って私は視線を外しつつ、かつ、認識される程度の近くにて様子を見ていた。
幸い、叩くフリだけだったが、大人の自分でもその様子は見ていて怖かった。
ましてや、子供はどう感じていたか。

自分は子供居ないんでこういう時どうすりゃ良いのか分からないけど、子供相手に感情的に怒るのは、褒められたモンじゃ無いよなー。
と感じた。

近くにいたお客さんも、その子にとって自分しか親が居ないのに。
と、零していた。

こういう人は、自分もそのように躾られたから、そういう風に自分の子供に振る舞う傾向があるのかね?

全ては、その時居合わせた瞬間のみの出来事なので憶測に過ぎないけど。
あの女の子には逞しく育って欲しいと思った。

Gの襲来
この時期は、Gの出没にヒヤヒヤする。
昨日はついに出てしまった。
と言ってもランク分けで言ったら、まだまだ極小サイズなんで駆除も楽なのだけども、小さいのは小さいなりに不安要素もあり、まだ同胞が潜んで居ないかが心配なのだ。
そんなんでゆっくり眠られるはずがなく、しかも夢の中まで出て来やがった。
特大が2匹。あり得ないサイズで手のひら位あったと思う。
それらを斬り殺した。
そんな夢。

対策を練らなければ。
解答編その2
蓋を開ければ、なんだそういう事かー。
なんで気付けなかったのか。マヌケだなあ。自分は。ハハハ。ハハ……

……く、悔しいです。

しかし、ベストアンサーの洗練さと、分かり易さ。見習いたい。
答え見て気付くのと、自力で辿り着けるのでは雲泥の差がありますとも。

削ったつもりでまだ余計な物が付いてたという事実が突きつけられたということは、
文字を書く行為(サヌキ)に至る脳みその思考回路の前駆部分の心(アワ)に余分な物がくっついてるからということ?
というかこの文章自体に余分な物が。

『事実のみを述べるように』

身に染みます…

さて、事実の判断はとなると、自身の判断力に依るもので、絶えず客観視せねばならないという理想論。
簡単じゃ無いさ。

お尻痛い
昨日、肩と床が垂直になるように横に寝そべり、足を上げ下げするストレッチをしたら、お尻の筋肉がぴりぴりしてなんじゃこりゃ!となった。
痛いっちゃ痛いけど、歩いたり座ったり、前屈、体反らしと、特に動かすのに支障は無いのでどないしようと思った。
坐骨神経痛か、ヘルニアか。不安になったけど、あんまり心配しても実現しそうなんで、かといって意識はそっちに向くし。
坐骨神経痛に定評にある同僚にどんなものかと聞いたら「ババアww」と煽られた。チクショウ。
しかし、かつて私も、その同僚の坐骨神経痛を煽った過去があるのを思い出し、耐え忍ぶことにした。

お尻だけ、痛いというか、ぴりぴりする。
何だろなあ。

こういう時にリズ・ブルボー著の『自分を愛して』です。
一応『お尻の痛み』(あるんかい…)の一部を引用すると、

『あなたは、こだわりを手放して、すべてをコントロールしようとするのをやめなければなりません。たとえあなたが素晴らしいアイディアを持ってるとしても、そうしなければならないのです。他の人たちの決意に介入するのはもうやめましょう。彼らは、自分で物事を決めればいいのであって、常にあなたに相談する必要などないのです。また、あなたは、他に人たちから自分を守らねば、と考えるのをそろそろやめた方がいいでしょう』

だそうで。

心当たりが有る。
例の友人の件だ。

こうなったらいいのになー。とか、もっと分かってくれればいいのに。と思ってたけど、それは傲慢だった。
私の悪い癖で、ちっと知識をかじったくらいで分かったつもりになって、他人を批評する。
彼女の人生と、決断は尊重すべきだ。
それがどういった結果を産もうとも、善悪関係なく、全てが学びであり、かけがいの無いものになるだろうから。

まあ、お互いに言える事ということで。

また、あなたは、他に人たちから自分を守らねば、と考えるのをそろそろやめた方がいいでしょう

これもひっかかる。
人と関わるのに、予防線張りまくってる自覚はあります。

お尻の痛みでここまで突っ込まれるとは思わんだった。
相似象とは?
相似象とは何だろう?

相似象のカテゴリーを作ってはみたが、何をもって相似象の記事になるのか判断に迷っている。
というか、今更ながら私は相似象の意味を理解してなかったと自覚する。
かといって、全く分からない訳ではなく、問題集に一応解答はしてるので、薄らと捉えてる程度と思いたい。

『相似象とはカタカムナの解説です。』
とあったが、まずカタカムナの意味が分からない。

カタカムナの解説=相似象
って事なんだろうけど。

相似象を「そうじしょう」と読んではいるが、それも正しいのか。
今では疑わしい。

そして何故、相似・象 の文字を充てたのか。
学でもなく、道でもなく。

象とは、事象現象の事で、認識可能な物事という解釈をしてみる。

相似とは、大きさに関わらず、構成が一緒。
とういう解釈をしてみる。


では相似象の定義とは?
見えない物事を物理的に理解する概念?
概念は違うか。
(概念とは?ルール付けの意味)
理解する方法の解説。

じゃあ物理的の意味は?といいますと、
この世界の大前提。と、捉えてみる。


……こうやって数珠繋ぎに疑問が出てくる。困った。
あの解答編みたいにさらっとピンポイントな文章が作れれば良いんだけど。

とりあえず、今回私は
相似象を

『見えない物事の物理的な解説』

って事にしておきます。
文字に起こしても、何かイマイチ。

当然これが答えでは無いので、変わってゆくとは思うけど。
先の記事では、こういった問題集を発案実行するのに、どれだけの判断力、思考力が要るのか?
と思ったが、先ずはアワの質が大事かと改めて考えた。

アワは前駆するとはあったけど、より良いサヌキ(行動)の為には、先ずはアワなのか。なるほど。
徳の御用
P!サイトの心と頭の問題集の解答編が送られて来た。

解答編を待っていたのだけども、
正直来たら来たでまた思考せざるを得ないので、しんどいなあとも思っていたので、今まさに、しんどい感じになっております。

さて、この一件で一番トク(徳)を取ってるは誰かと考えたら、出題者じゃないの?
と、思っている。

相似象の問題作成に、届いた解答の単純な○×じゃなくて、的確な判断が必要な添削。
(ホントにお疲れ様です…)
私だったら嫌になる人数を速やかにこなしている。
確実に判断力、思考力が上がる。


そして凄いのは、ちゃんと周りの人にもリターンを得られるようにしてある事。
この問題を考える事によって、得られる恩恵は私にとって、金額以上に大きいものだった。

そこまで考えていたのか、一から考えて行動しているこの人に今更ながら戦慄…凄いなあと、思ったのでした。

これを行うにはどれだけの判断力、思考力が必要なのだろうか?