点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

シェイプオブウォーター  

ぐれんで1月前に映画「シェイプオブウォーター」の話題が出てた。
丁度その記事に目を通していたのが帰宅途中の電車の中であったのだが、何気なく視線を上げて中吊り広告を見たらまさにその映画の広告が真上にあった。
他にも電車内に数ヶ所中吊り広告があるのだが、その映画の広告は私の居た位置にしか無かった。

観た方が良いような気がしたので少し前に見に行った。
映画館で映画を観るのは久しぶりなのだけども、あの日常から切り離された空間はワクワクする。
で、肝心の映画の中身はとても満足した。面白かった。
話自体は美女と野獣とか、神に魅入られた人間とか、異種族恋愛話とか、昔からある題材なのだけども、世界観の現実味とファンタジー感のバランスが丁度いいので最後まで飽きなかった。


そして何と言っても半魚人が美しいんですよ。あの造詣には惚れ惚れしました。
映画半ばにヒロイン、イライザの親友の絵描きが半魚人の絵を描くのだけども、その絵が良い。
日本のシェイプオブウォーターのポスターは二人が水中で抱き合ってる画像なのだけども、海外(アメリカ)のポスターは絵が使われていてそれが欲しくなった。

という事を思っていたら、以前東京に行った時訪れた美術館のDMが届き、中身を見て驚いた。
シェイプオブウォーターのイラストを手掛けた人の展覧会の案内であった。
ジェームス.ジーンという人らしい。
流石にそこまで行かないが、ヤフオクで出品されてるのを見ると、そこそこ良い値段なので悩むところである。


話が逸れたが、この映画緑がちょくちょく出てくる。
冒頭バス停で乗り合わせた太った男性が持ってた緑のデカイケーキ
仕事場の制服の色の緑
不味いカップケーキの色の緑
キャデラックのテール(緑)
水の色

その世界に切れ込みを入れるようにイライザがある時から赤い物を身に付ける。
と言うのが印象的だった。
彼女の世界が変わったのだろう。

そこら辺の意味とか何かあるのだろうだけども。
あとやっぱり敵役が居ないと面白くない。
スマル~枢への堕ちっぷりが終盤見てらんないので解放されて良かったと思いました。
この話は彼の物語でもある。

そして最後の最後まで泣くことは無いだろうと思ってたのだけども、何故か泣きました。自宅に帰ってもはらはら流れるので、何でだろうと考えてるのだけどもハッキリした理由が分からない。
感動したのだけども、何に感動したのだろうか?
抽象的表現だと「グッとキた」んだけども。
疑問を感じつつ、ささくれた心が潤った良い映画でした。

アメリカとかロシアとか本当にああいった生物の捕獲研究されてたんじゃない?
とか思いました。
スポンサーサイト

Posted on 2018/04/05 Thu. 23:46 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 0

石磨き  

ブログの記事を書いてない。
別に具合が悪いとか、忙しいとかではなく、言い訳せずに主だった理由を書いてしまえば自らの怠惰さ故である。
だから、ちゃんと記事書いてる人すげえ、しかし読んでるだけでは私は貰ってるばかり、リターンもしないとバランスを欠いてしうしまうという事で記事を上げる。

前述した通り、今はすこぶる快調なのでその間何か色々やっていた。といっても些細なことであり、大したことでもないが。
でもって、大切な事をおざなりにするという事もしでかしたり。

その話は一旦置いといて、その色々やってたものの一つが、石磨きである。
ザバダック繋がり(勝手に思ってる)の静岡の方より、近辺の海岸で拾った。
という石ころであるが興味をそそる造形物と私は認識したブツを頂いた。

石ころというと、犬っころとか、”ころ”という語感に投げやりというか、大切に扱ってない、翻って侮蔑的意味合いを感じる人もいるかもしれないが、そういう意味合いはもたせてない。
今回のこれに関して言えば単なる”石”というよりかは”石っころ”の方がぴったりくる風貌をしてるのだ。
何処から来たのか知らないが、長旅の果てに私の手の元に来たのは数奇な運命なのかは石的にはどうなのか知らないけども、そんな事どうでも良さげといいたげな孤高なる存在感。
しかしそれは永い間水に研がれ、人工では再現不能な醸し出される包容力。

という風にそのままでもマットな風合いが良いのだけども、磨いてツヤを出したらどうだろう?と興味を抱いたので磨いてみることにした。
ネットで調べたら出てきたので、私が今回どうやって磨いた内容を記録しておく

〈道具〉
・耐水紙やすり
#400
#1000
#1500
#2000
#3000

・水の入ったボウル(石や耐水ペーパーを濡らす、研磨した石を濯ぐ用途為に使用)
・ダンボール(A5サイズぐらい)
・使い古したタオル(濯いだ石の水分を取る為)

〈磨き方〉
ダンボールの上に5センチ角程度の大きさに切った濡らした耐水ペーパーを置き、磨きたい石を濡らし弧を描くようにこする。
ヤスリの力が弱くなったら新し物に変える。
石の粉が出るので水ですすぎながら、余分な水分を取りつつ、表面をチェックする。
綺麗になったら次の段階の細かい耐水紙やすりに変える。
それを繰り返す。
綺麗になったら完成。

これだけなので、時間さえあれば誰でも出来る。
初めてやったのでまあこんなものか。という出来になった。
何だかんで4時間費やした。
石ころ1
磨く前はマットで白っぽい石だったのだが、磨いて緑の模様がくっきり出たので、面白いと思った。
惜しむべくは#400の次に#1000を使ったので、もうちょと間に#600とか、使ったほうがもっと綺麗になったのでは。
と思った。(ウチにあったのを間に合せで使った為)

しかし、磨いてると色々頭に浮かぶ。
昔の人はどうやって石を磨いていたのだろう?とかもっと手間隙かけてたに違いない。とか、魂のチャートのタオかたの放出とこの石の有様は似てるなとか。
でかい岩山から砕かれて、激流を下りながら身を削り、丸く磨かれ、最終的には海へと帰還。
海の底で堆積物として沈殿し、圧縮されて、また岩になるのかな。
そんでもってまた隆起して岩山になって、砕かれて、今度はもっと綺麗な玉になるように旅をするのかもしれん。

という訳で楽しませてもらいました。ありがとうございます。
単なる石だったら磨こうと思わなかったのでけども、この石っころが魅力的なので磨こうと思ったのがそもそもの発端だったので。

石はまだいくつかあるので、気が向いたらやってみようと思う。
だんだんツヤを増してく石を見るのはなんだか心が満足を覚える。

やってる事は単純だが、これは終わりのない作業である。上には上があってキリがない。
魂の向上に通じる道のように思える。

Posted on 2017/11/28 Tue. 00:49 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 4

最近の趣味  

今更冊子を冊子にする話。

当初は冊子は印刷してたのだけども、途中からはもっぱらデータで閲覧するようになっていた。
それを何となく印刷してまとめるようにしてみた。(この時オリオンズゲートは既に125冊目…)

初めは普通のよくあるコピー用紙A4に2ページ分印刷して、それを折り、ホチキスで留めるという簡易的なもの。
(袋とじ?と言うらしい)それだと妙に厚くなるわ、ホチキスの針は通らないし不格好だなあという事でプリンタの設定を見ると冊子印刷なるものがある。今知った。
これだと両面印刷で平綴じ出来るように印刷出来るらしい。

これでやってみたら具合が良い。冊子ぽくなった。
しかし今度は両面印刷で裏の文字が透けるのが気になる。
少し厚めの両面印刷用の紙を用意してみる。
となると、表紙もリッチな感じの紙があるといいなあという事で調達して、それを使用する。
表紙デザインどうしようかなあという事で出来たのがこちら。

オリオンズゲート30

何の冊子か分からなくなった。
これに人類の叡智が詰まってる……と思うと愉快な気分になれる。
更に表紙は手描きなのでこんなのがバラエティ豊かに冊子が発行される度に増えてゆく。そう思うと堪らないですね。
自己満足度で言うととても高いものが得られたと感触がある。

ちょっと良い紙使うといっても1つ作るのに100円もコストはかかってないし、それで遊べるし、長期保存に耐えれるのが作れるなら良い趣味になるとは思う。

Posted on 2017/10/08 Sun. 23:40 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 4

胸がすく思い  


この動画を見て心が晴れ晴れする様な気持ち…というか魅入ってしまった。
この破壊っぷりが。
お約束のように(人をこの中に……)などと不埒なことを思ってしまったのだが、コメント欄を見たら似たような思考の人が大勢居たので何となく心がほっこりしました。

何でこんなに綺麗に挟み込んで巻き込めるのか?歯車のぴったり具合が凄いに違いない。技術力が凄いのか。
とか、構造考えた人凄いなあとか、メンテナンスどうするのかなあ?分解簡単に出来るのかな?とか色々興味が湧きました。

興味のあるものに対して魂の役割に応じて何に興味を抱くのか。
という傾向があるとは思うのだけども、私は構造や仕組みの方に興味を抱く傾向がある。
なので、何かの作業をしてる動画は延々と見てしまう。人が絵を描いたり何か作ってるやつとか。

Posted on 2017/10/05 Thu. 20:44 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 4

お祝い  

友人が最近結婚した。
式は身内だけという事で自分は参加しなかったのだけども、
長い付き合いのある友人でお祝いする気持ちはある。
何かする事は無いかなあと考えた結果、絵を描く事にした。
ドレス姿の写真とブーケの写真を送ってくれて、生花のブーケだから保存どうしよう?とか言ってたので丁度良いと思ったのだ。
大きさはハガキサイズ。
フレームも差し替え自由なので絵が要らなくても何かと使えるだろうと思い、このチョイスにした。
ブーケ

背景金色にすれば良かったなあと今更思う。
時間が結構ギリギリで、サイズも小さいし、バラぐらい描けるだろう^^
と、舐めた考えをしたのがいけなかった。
バラが一本だったらまだ良かったけどブーケ、、、
描いてて、いくら描いても本物の美しさには及ばないと思ったものです。

色々物入りだからご祝儀も渡したいものだと思ったのだけども、初めこの金額!
と決めたもにも関わらず、ネットで色々調べて迷ってしまった。
世間の風潮やら、人の意見に惑わされやすい部分を自覚。

金額は私とその友人の関係の問題であって、友人はそれでゴチャゴチャ言うような人間では無いのに
(言ったとしても、それはそういう価値観の人間なのだと分かればいい話)
何を思い違いをしていたのだろうか。。。
結局、初め決めた金額を渡しました。とさ。

Posted on 2017/05/02 Tue. 22:04 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top