点と線と円
真剣に、自由に、楽しんで、生きる。
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



アルタイル
今更感があるけども、最近アサシンクリードを鑑賞した。

と、言っても、ゲームの方で、シリーズ物の初めに出たやつのプレイ動画である。
(ゲームプレイ動画の視聴については賛否両論あるけども、これは発売が2007年で10年前のゲームであるのでご容赦頂きたい)
(因みにゲームプレイ動画を鑑賞してそのゲームについて分かることを”体積体験なし”実際プレイして楽しむことを”体積体験あり”と心の中で呼んでる)

感想についただけども、アルタイル(主人公)がかっこいい…!
上手い人のプレイを見てるからそう思うのか。
あと、洋ゲーは硬派な所が良い。
ガチムチのオッサンとかむさい漢とか爺さんとか重厚な装備。(女性キャラもいますが不自然じゃない程度)
歴史上の人物も上手く表現されてて、短いやり取りの中に濃厚な個性を感じる。獅子心王カッコイイです。
あと、当時のイスラムの世界観が上手に再現されてて、その中をパルクールで駆け抜けるってのは爽快というか、ソレがこのゲームのウリなのでそこも良い。

話で意外だと思ったのは、話の中で登場人物らがハッキリとカトリックの世界観を否定してる部分ですかね。
日本だったら別に違和感は無いのだけども、このゲーム作ったのは7割はカトリックであるフランスの会社なので(信仰度合いは色々あるだろうけども)何か抗議とか無かったのかな?と。
しかし、この手のゲームをやるのは若い世代なのでそこまで違和感無かったのか。騒がれなかったのか。

そして、この10年の間そういった人々に支持され、続編が次々と作られ(このシリーズ続編やら派生作品が多い)映画化までされたのは人々の意識(今まで信じられてきた宗教観やら世界観)が昔と変わってきた結果と思うと、感慨深いなあと、思った訳です。

久々にやってみたいと思ったゲーム。
しかしハードを持ってない。パソコン版もあるんだよなあ。これ。悩む。
パルクールってフランス発祥というのも今回知った。
スポンサーサイト
グルジアのダンス
人が踊ったりしてるのが好きなので動画でよく見てます。
ソ連兵による革命的コサックダンス
身体の大きいロシア人男性がわざわざ小さくなってコサックダンスとか踊ったりするのが可愛いとか思ってます。
カラパイアの記事のせいか、ロシアには偏ったイメージを抱いております。
ウォッカを煽り、ヒグマを侍らせ、流氷で泳ぐイメージがあります。
身近にロシア人の知り合いが居ないので、確かめようがないのですが、
そのままであって特に支障がないのと面白いので一応そのイメージで保留にしてます。
いつぞやテレビでロシア人は笑わないというのは本当か?という企画をやってた番組を観た気がしますが、
実際はそんな事なく、ロシア人は愛想笑いをしないといだけであって、むしろ信頼した人間には情が厚く結構陽気な面(ウォッカがinしてた)を見せてたような内容であったと記憶してます。まあ皆が皆そうでは無いとは思いますが。

ロシアの語りが多くなってしまった。

冒頭のそういう動画を観てたらオススメ動画とか脇に出るのですね。
で、グルジアンダンスという民族舞踊がカッコよすぎる件をチラっと観たら、自分的にドストライクだったのですよ。

原始的な感じと、洗練された優雅さのバランスが良いです。踊り手の衣装とか、身体バランスとか、音楽が良いです。
Georgian National Ballet Sukhishvilebi Khanjluri Gudauri (nanukas Show)
これは音楽もストライクです。
しかし、何処の何なのかサッパリで色々調べたらジョージア国立バレエ団という所のものだそうで。
え、これもバレエなの?と、意外でした。
グルジア(今はジョージアと呼ぶそうで…グルジアの方が良いと思う…コーヒーみたいだし…しかし、本人たちはジョージアと呼んで欲しいらしい。)という国の事もあまり出てこないし。
民族衣装がナウシカの元ネタとか出てくるけど。

というか、自分もそういう国があるのも知らなかったので。
自然いっぱいで色んな文化が混在しててい面白そうな国だな。行っていたいな。と感じた国でした。
心に残るゲーム
何か作業してると昔読んだ漫画とかゲームをつらつら思い出すことがある。

ふと、ブレスオブファイア5~ドラゴンクォーター~(通称BOF5)を思い出してた。
シリーズものだけども、私はこのシリーズは5が初めてのプレイで、なんで買おうと思ったのか思い出せないがトレーラーが良かったのかもしれない。

当時実際プレイした時と、今思い返すと、このゲームの世界観や人物たちは
実際リアルな私たちの世界と同じであると今なら分かる。

生まれつきすべき役目を強いられる搾取される側の大多数の人、
一部の特権階級が恩恵を受け(話し中、権力を得た者の苦悩も描写される)、
そのさらに上にいる支配者たち(善悪を超えた思想で動く)

制作者の意図とかどこまでかは知らないが。
多分私の世代以降辺はこの世界のリアルな仕組みが、こんな形でちょくちょく知らされてるコンテンツが溢れてたのかもしれない。

プレイヤー側は選ばれし者とか優れた人(目に見える範囲)なんかではなく、
その世界の底を這いずり廻って不当な扱いを受けてた人たちで、このゲームの世界において結果的にぐれんを起こす訳である。

それも世界を救うとか高尚な目的や思想のためではなくて、
一人の女の子を救う為に今あるものを全て壊してしまうわけであるが、主人公は何を感じ取ってそこまでの行動に出たのかと、
思う事がある。

単に恋愛がらみでもなさそうなのだ。

この子は象徴的であって、主人公は出会うことで、その出自を知ることによって、こんな世界は駄目だと悟ったのだと思う。
世界を変えたのは、力でもなく、まずは心からであったのかなあと、綺麗風にまとめておく。

で、ゲームとしてはとっつきにくのだけども、よく出来てて、システムを理解するとハマる。(死んで覚える)
ダークな世界観で結構悲惨な人たちも多いけど、当時(今は知らないが)は結構こういった味わい深いゲームが多かったと思う。
ビジュアルイラストも好みである。
懐古主義と言われれば否定はしないが。

続きを読む
衝動
プレゼントは今日クリックポストにて発送しました。
到着までしばらくお待ちください。

発送だけならサクッと次の日に出来たのだけども、いざ梱包の段階になったら、コレを何に入れようか?
折角だから良いものにしたい。という妄念に取りつかれまして。
自分の周りを見渡せば手元に革の端切れがあったので、それを使って何か出来ないかと考えました。
この端切れは教室で頂いたのですが、殆ど使わないで放置してました。

しかし、
・余り手をかけたくない(前述と矛盾してる)。
・縫いをあまりしたくない。(時間がかかる)
・構造はシンプルなもの(複雑なことができない)(いや、物はシンプルな構造が良いのだと言い訳しておく)
型紙
思い付いたのは良くある三角形のコインケースですね。
これなら縫いが一箇所で済むし、楽であります。

石入れ
ヌメ革そのままで風合いは私好みです。毛羽立ちの処理もします。
なこんな感じで同じのを延々と作るのは飽きるので、刻印を変えたり糸の色を変えたりして飽きを回避します。

隙間
しかし、見切り発車で作業したので思惑通りとは違った完成になりました。

どうしても隙間が……!構造上の問題ですが巻いて留めるタイプは三角形のコインケースには向いてない……なあと思いました。
まあ、石入れてもこぼれ落ちることは無いけど、納得いかない。
コインは入れて大丈夫でした。

思いついたときはこれは良いぞ!と思ったけども段々完成が近づくにつれて何か違う……
これは私にはよくある事で、初めの段階でちゃんと考えてなかったり、飽きてきて尻すぼみになったり、
丁寧さと根気が足りないですね。
けど、作ったものは作ったものなので一応一緒に入れておきました。
革も端切れの質が良くない部分なので、これはあくまでもこれはオマケとしてお納め下さい。。。


こんな感じでたまのたまに創作意欲が沸くのですが、今回思ったのが、どうもピンポイントで沸くなあと思いました。
(魂の役割の視野の狭さ故か)
送る石が他の石だったら、ここまではしなかったと言うのは断言できるので、色々条件が重なって意欲が湧いたと自覚します。
今回どうしても、”これを入れておく良いもを作りたい”と衝動的に思ったので作らせて頂きました。
(の割に構造が問題だらけであるが)
時間が余りかけられないという現実も、集中して作業できたのに一役買ったと思います。

しかし、自分的に遊べて楽しかったです。

これまで他の人が色々提案や、提供をしてくれてそれに乗っかって遊ばせてくれたので、
ここまで出来たのだと思います。

ではでは今回お付き合いくださいましてありがとうございました。

要らない本とかも出てきてるのでたまにこうやって放出しようと思います。
ただ古本屋に持っていくよりかは楽しめそうだし、色々学べる部分があります。


あ、そう言えばこの三角のケースは”ぐれんのケース”と名付けようと思います。
手に収めるとピラミッドがひっくり返った形状なので。
使うと意識の変革を徐々に無意識レベルで刷り込みます。※しかし個人差あります

洗脳とどう違うのだろうかというツッコミはさておき、
設定を盛っておいて価値を上げようという姑息な手段であるという自覚はしてます。

ジャケ買い
数年前だかのいつか、ブックオフのCDの100円コーナーにて何となくジャケットのデザインに惹かれるものがあったので購入したCDがある。
全く知らなかったがMellowHeadという名前のCDである。
画像では分からないがメタリックで光に当たると綺麗なジャケットなので目に付いたというのもある。
この手のデザインは実物見ないと良さが分からないということで、そこが残念だなあと思う。

私の方も通販での購入の方が多くなったので、このジャケ買というのも最近しなくなった。

さて、中身の方は余り期待してなくて1曲でも気に入ったのがあればいいや。
と思って買ったのだが、1曲気に入ったのが入ってたのでコレは当たりであった。
こればっかり延々とリピートしてた時期があり、その後、YouTubeでMVを観てみてそれも大いに気に入った。

で、これである。


という流れが数年前にあり、このCDもその後の大掃除の際に処分してしまい暫く曲も忘れてたのだが、
この前ニコ動のマイリストを漁ってたら思い出してまた視聴してみた。

こう、視点がぐるぐる変わって、一部が全部になったり、全体と思ってたのが何かの一部になってたり、混ざり合って何かになる。
魂の系譜(これを言いたいが為の今回の記事)みたいだと、今このMVを見てそんな感想を抱いた。
ずっと観てるとトリップ出来そうだ……

同じものを観ても感じ方は変わってくるものだと、数年前の自分を思い出して比べてみた。