点と線と円
どこまで行けるかこの旅路
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



観測者
あんだけぴいぴい騒いでた腕は2日目以降は大分楽になり、だったら1日様子見とけば良かったんじゃないか?
とも思ってる。
結果論ではあるが。

ふと、観測するまで結果が不確かな事を例えた思考実験?シュレーディンガーの猫ってこういう事じゃあなかろうかと思った。(かじった程度の認識なので見当違いかもしれない)
レントゲンで観測するまであの時はまだ、折れてるのかそうでないのか不確かな状態であって、
じゃあ何によってその先が決まるのかと言うのならば思考の在り方によってかもしれない。
潜在意識とか上の存在とかそこら辺がその先を決めてるのかもしれない。
多分そっちの方が魂にとって善いとなる事が成されてると思うので、たとえそこが自分にとってどん底だと思えてもそう思えるなら何とか自分を保てそうである(今日もエライ事をしでかした……)
スポンサーサイト
親指の怪我
右手の親指の第二関節の内側を怪我した。
理由もバカバカしく自分で思いっきりぶつけたという理由であり同情の余地もないのだが、親指を曲げる、掴む等の動作をすると地味に痛い。
日常生活にそこまで支障は無いのだが地味に不便である。
という事があり、この所イケてない精神状態に陥る。

そう言えば、このケガのちょっと前に、左手のこれまた同じ第二関節内側を2、3ミリ程の切り傷を作ってしまい
これまた、親指を曲げたり何かを掴むという動作が地味に痛いという、同じ不便さを味わったばかりである。

これは何かのサインだろうという事というのは明白であるのだが、心当たりがありすぎる。

手の動きを制限するのは、それをすることで自分を守ってるのだろう。
それをしなくて済むという自己防衛からの理由と、自分にも分かる形で問題提起してくれてるのだと思う。

モーニングページをやってて、どうにも不安定な感情に陥る事がある。
それのせいではなく、それによって先送りにしてきたものがあぶり出されてると言ったほうが正確か。
ネットで親指の怪我の意味とかは調べれば、沢山出てくるが自分なりに考えてみると、そのまま
・与えられたものを素直に受け取れてない(掴むということが制限されてる)
・物事を自分の意志で決められない
(他の四本から独立して動く人特有の親指は自分自身を現してると解釈。自分というものが傷ついてる)
・何かを作る事をから逃げている(手が使えないならそれをしなくて済むから)

痛みは考えるキッカケになるのだが、ケガから1週間経ち、痛みが薄れてきてる。
常に念頭に置いて行動出来たら良いのだが。

というか、目の前のすべき事を片さないと行けない事案がある。
これに私は今悩んでいる。悩んでいるというのは考えてないという事は自覚出来るのだがそれについて考えようとすると現実逃避をしたくなる。
どこから手をつければ良いのやら。
今回の怪我はそれも絡んでいる。決めなきゃならない事が決められないというか腹が据わっていない。
避けてたツケが廻ってきた。
人によってはどうってことないといえばどうってこと無い事なのであろうが。

とりあえず、気力は戻ってきたし、いつまでも逃げ回ってはいられないのでやるしかない。
という事で気合を入れる。
起こる事
気が付いたら左の眼の目尻側から黒目にかけて充血していた。
目が充血してると何かしらトラブルが起きるらしい。(ココとかよりの情報

初めは話半分であったが、自分の経験則から照らし合わせてみると、確かに何かしら起こるのだ。
今回は左目の目尻側から黒目にかけての充血なので、情報と照らし合わせてみると

・同性
・他人
・トラブルに巻き込まれる
という類の事が飽きるかも知れない。

というのを人に言ったら偶然だろ。と言われたのだが偶然とも取れるし、それが起きるタイミングと重なるのも何かしら意味があるとは思う。
今の自分といえば痛みがなく充血に気が付いたら心構えをしておく。充血が収まるように安静にしておく。程度である。
赤みの程度に比例して事の大きさも比例する。ような気もする。
(考えてみればそれがなくとも常に心構えは必要だろう)

で、何かあるかなあとビビってた訳ではないのだが、それっぽいことが起こった。
電話対応での出来事であったが、何というか、凄い人であった。
迂闊に刺激してはならない人だと、流石の私でも知らしめるような人であった。
電話越しだったのでハッキリとは分からないが、50代近くの女性である。

(というような人と対応する時、相手の話をロクに聞かないで会話を被せてしまうことが自分にはあったのだが、堪えられた。というのが以前の自分に比べて変化があった部分じゃないかと振り返って思う)

というような人と少しの時間関わり、電話の人と恐らく同じ年代だろう仕事場のパートさんを比べてみる。
同じ年代でもこうも違うのかと思う。
というか、パートさんは同じ所で働いてて細かい部分で思う所はそりゃあるが、出来た人なんだと改めて思う。
職場にいる人がこの人で良かった。

そして、電話で支離滅裂な事を言ってたあの女性と同じような会話の仕方を自分はしてたかも。
と、思い当たる部分もある。
(本質から外れて、どうでも良い部分にこだわる。人の話を聞いてない。些細などうでもよい情報を自分だけが知ってるような優越感を感じる等)
そんな人物に辛抱強く対応してた周りの苦労を思うと忍びない。

という事を分からす為にあの電話の人は発現した存在なのかもしれない。

充血の件も、前もって心構えをさせることで冷静に対応させる為、身体がそのようにさせたのかもしれない。


しかし、自分の意識や想念が出来事を呼び寄せるとなると、
私の意識が
目の充血=トラブル
という図式になっていて、それを呼び寄せたとも言える。
鶏と卵のどっちが先か?みたいな話だが、どちらの可能性もアリといえばアリか。
トラブルは避けたいが、気付きたいという欲求もあるので、そっちが優先されるのだとは思う。
6/11の朝
忘れそうになる前に後日談(という程でもない)

6/10、三次会はそもままホテルへと行き、緊張感が抜けたのかそのままベッドに横になったら
そのまま朝まで昏睡レベルで意識を失ってた(汚い)

6/11の朝は5時頃にタイマーしてたので起きれて良かった。
準備をしつつ、なに気なしにに『ORION』のロゴマーク(作ったメーカー名?)の入ったテレビを点けたら、
サグラダファミリアの建造の彫刻を専任に請け負ってる日本人のドキュメンタリーをやってた。
ドキュメンタリーは好きである。

何かなるほど。と、思うことを言ってたしやってた気がするのだけども、具体的な事が思い出せない。
終わりのない神の家の創造。
とか言ってた気がする。なにか祈りとか、宗教を超えた普遍的な事を言ってた気がするのだが。

神の家といえば、お話会のとある質問のカモワンの占い結果の最終カードとして出たりとか、最近のオリオンのYuccaさんの占い結果に頻出してるように思えるので、関係あるのだと思う。
意識の反転、啓示、衝撃、強制イベント、そんな感じは今の自分にピッタリである。
終わりのない~というのは、魂の向上はそういうものだというのを私に分かりやすく伝えてくれたのかもしれない。
ORIONのロゴの入ったテレビでそう言うのだから、偶然ではないだろう。

その後、別のチャンネルにして今度興味を引いたのは、若手の鍛冶職人の奮闘ぶりを紹介してる番組だった。
番組用にそういう場面を事前に用意したのかもしれないが
若い職人の言ってた『悪いところを教えて下さい。もっと良くなりたいんです』
という発言に悪を抱くことの大事さを改めて認識する。
自分が丹精込めて作ったモノを前に、堂々とそういう事を言えるなんて凄いなあと。
まだ変なプライドがあるので、素直にそういう事を言えて、尚且つ吸収できたらなあと思う。

そんなこんなで早い新幹線で帰りました。
自分的には初めてホテルを自分で予約したのが収穫の一つでした。(いっつも人任せでしたよ。感謝せねば。)
思ったより近いのでまた今度はゆっくり特に目的地を決めずに徘徊したいと思う。
カミが入らない
たまに、業務の一環でDMとか作って投函する。
今日もソレを行った。
①原稿コピー→②用紙カット→③宛名印刷→④ワンポイントの色つけ→⑤投函
という流れなのだけども、プリンターとパソコンが使用中だったので先に④の色つけをした。
その時何故かパステルを使ったのがいけなかった。
宛名印刷をしようとしても給紙がうまくいかない。

今日辺り投函しないとやばいので、結構焦る。というか焦った。
今ならパステルが原因と分かったからなあんだ、と済ませられるのだが、
あの時は何が原因か分からず、プリンターが壊れたのかと思った。

普通の紙は普通に給紙が出来るので、プリンターは問題ない。
じゃあ紙の方に原因があるということで、結局先に色つけをした画材のパステルがいけないと分かった。
パステルの何がいけないのかと言うと、紙にパステルが付くと表面が粉を吹いたようにサラサラになり、
給紙のローラーが空回りしてしまうのが原因だった。
それぐらいで……と思わなくもないが、プリンターはけっこう繊細な作りをしてるらしい。
これからは順序を守って作業しよう。

で、一連の流れで人に迷惑かけるし、悔い改めよと言われるし、そんな感じで返す言葉もないのだが、
【カミが入らない】とかサインめいた出来事だと感じた。

カミが入らないとは、カミの入れ物ではない、獣の入れ物である状態と言える。
何故にカミが入らないのかといえば、余計な物が付いていたからだ。
余計なものといえば、凝り固まった思考のクセや、そのまま余計な感情であると解釈できる。
そして、それは微量で取るに足らないようであるが、確実に影響を与えており、その結果カミが入らないのである。

タイムリーにそんな事に思い当たったので、これはサインだと感じたのである。

他の解釈だと、順序を守らないからカミが入らない。
モノゴトの道理を履き違えると獣の入れ物になりますよ。とか。
夢を忘れることが多いので、せめて起きてる時のサインは見過ごさないようにしたい。