点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

蟻要素  

宇宙人鑑定にて本体は蟻っぽい宇宙人らしいという事で、私と蟻の関係性を思い返してみると
幼少時に蟻の巣をほじくりかえしたり、水攻めしたり、捕獲したり、興味本意で痛ぶったりと、すまんなあと思うことばかりなのである。
黒光りのアレでこそギャーギャー騒ぐが、私は基本的に虫には友好的であり、建物に夜間へばりついてる珍しげな蛾など素手で捕獲しては、ネットで名前を調べるという事をたまにしてる。(その後リリース)
オススメはノンネマイマイという可愛い奴です。
しかし、最近大物を見ないのある。
近所の家が取り壊されて、そこの庭も無くなったからかもしれない。

話が逸れたが、蟻要素を考えたらちょっと思い当たる節がある。
自分が住むならこういう建物が良いうというものがある。
ある日ふと、「カッパドキア」という言葉が浮かび、調べたら岩穴に穴を開けた住居群の写真が出て、これは良い。と悦に浸った。
他には今は無きクーロン城。
入り組んだ迷路のような住居に憧れるのである。住みやすさはさておき。人口密度高そうで冷静に考えたら嫌なんだろうけど憧れる。
蟻の巣的だなあと思ったので、蟻要素に加える事にする。

それとは方向性は違うが、人里から離れたあばら小屋。なんてのにも憧れる。

前回から更新が一月以上空いてしまった。
言い訳させてもらうと、パソコンが古すぎて起動が遅く電源付けるのも億劫になっておりまして。
ネット閲覧や動画鑑賞はここ数ヵ月Amazonのfireなんちゃらで済ませております。安いし便利。
今回このブログもfireでポチポチやってるのですが、やりにくい。
記事リンク貼りやら画像アップロードがやりにくい。
という事で味気無い記事ですがご勘弁を。
スポンサーサイト

Posted on 2018/05/29 Tue. 01:41 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 0

お話会/福岡完結  

福岡続きです。
15日見た所を簡潔に。

前回の続きからですが筥崎宮か大宰府かどっちかにするか決めかねてたんですね。
そんなこんなで電車に乗り、ウトウトしてたら太宰府に行くなら乗り換えなきゃならない二日市駅に到着。
考えるまもなく乗り降りてました。
て事でここは太宰府に行くことにしました。

太宰府に到着したら、雨でも人がそれなりに居たのですが何かそのまま行くのは味気ないなあと、観光案内所のパンフとか置いてある所見たら「バスで10分 竈神社」との文字を発見。
どんな神社か知らなかったけども、竈という事は火を扱うという事で、技能的な事に御利益あるのではないかと、
何となく名前に引かれてそこに行くことに決定。

-- 続きを読む --

Posted on 2017/10/25 Wed. 23:52 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 4

部屋割り/裏の話  

今だから言える部屋割りの不思議。

散々迷った挙句に、ここはトンデモが縁で集まった人達らしくカモワンにて決めることにした。
質問は、「魂の成長に繋がる組み合わせにふさわしい組み合わせを示してほしい」
と、念じた。
この質問にした理由は二つある。
1つはそのまま、その結果を求める為。
もう一つは、それをわざわざ公開して(オリオンに載せてもらい)結果についての不平の声の抑制(あんまりそういう事は無いと思ったが)が目的である。
なかなか姑息な手を使ってると我ながら思う。

よし!これで決まり!
しかし、後にポカをやらかしてたことに気付く。

とある部屋割りの組み合わせに

部屋①/,B,C,D,さん
部屋②/,H,I,Jさん

と割り振った結果が出た。

この内(仮に)AさんFさんは受付初期の段階で宿泊は不確定。
と聞いていたので、抜けても人数のバランスがおかしくならないように、多めの人数の部屋に初めに割り振った。

のだが、実はAさんGさんを間違っていたのだ。
部屋②のGさんが宿泊が出来ないという事を連絡してくれた時に発覚。
部屋②は4人に。

しかし同時期に部屋①のEさんも来れなくなったという連絡も来た。
部屋①も4人に。

私が始めの2人を間違えないで配置が

部屋①/,B,C,D,さん
部屋②/,H,I,Jさん

とかになってたら

部屋①/B,C,D
部屋②/F,A,H,I,J

という風になってたのかもしれないのである。

そうなったかもしれないし、そうならなかったのかもしれない。
仮にそうなったとしても、それも天の采配と言える結果なのかもしれないが、
私的には預かった料金は同じだし部屋の広さは平等なので、なるべく平均的に人数を割り振りたかったのでホッと胸をなでおろしたものである。

間違いと思ったことが結果的にそうでは無くなったので、これも仕組まれたことなのかも知れない。

という事があった。



というか、初めから間違えるなと思うかもしれないが、申し訳ない。
その他にも名前と県名間違えたりした。学習してないと思われても無理は無いです。

弁解するならAさんとGさんも初めは間違えてなかった。
ある程度形になったら一旦印刷して、こういったことはメモしていたのです。。。
しかし情報は更新されるもので、何回か印刷して書き込むうちにAさんとGさん上下に並んでいるのもあり
間違えて書き入れてしまった。
名前と県名を間違えたのもそういった理由です。

と言う事に最終段階になって気付き、最後の名簿は見間違いの防止の為罫線を5にづつ太くしました。(だんだんですます調に)


そんな事もあった部屋割りでした。

ツアーガイドの人とか、添乗員とか、すごいなあ!と思わせてくれる体験でした。
私はヒィヒィでしたがこういった事、楽々出来る人もあのメンバーには居たと思うんですよ。
多分、魂の成長という観点の集まりから言うと、

①楽々できる人
②頑張ってギリギリできる人
③できない人
(細かい段階は割愛)

というグループ分けが出来るとした場合、②の人が高い成長具合を見込めるので、
こういった幹事(でも何でも良いけどこの場合幹事)の役割は②のグループから白羽の矢が立つものと思います。
で、③の人は殆ど居ない(全員をよく知らないので憶測だけども、ここまでやってきた実績を振り返ると)と思うので
大体の人が①か②に振り分けられと仮定して、誰でもそういう機会に出会えたら出来るのではないか?
という結論に達してます。


いや、事の始まりは潜象からという事で、どこか自分の自覚無く預かり知らぬ所で決まってるので
今回(成功も失敗も)こうなったのだと思うしかないです。

Posted on 2017/10/24 Tue. 00:59 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 2

お話会/15日~古文書館、三柱神社  

さて、15日はさっぱりノープランでした。
14日にばかり気を取られていてそこから先に関して細かいことは考えて無く、まあどうにかなるだろうと思ってました。
最寄駅の電車の本数もそこそこあり、帰りの新幹線の時間まで余裕があり、周辺地域にそれなりに見所があるので、きっちりプラン練らなくともまあいいや。と思ったのが大きな理由です。
気分に応じてフラフラするのもこういう旅にはオツなもんです。

そんなこんなで一番後に宿を出て、これでお役御免だー私は自由だーという訳で私はまず周辺を徘徊することに。

雨の中だったので、まず雨宿り兼で古文書館に立ち寄ります。
歴史的な事はサッパリなので私が見ても豚に真珠だったような気がします。
他に閲覧者もおらず貸切でした。
分からないなりに書類の後に入れるサイン的なもの、花押はオシャレだなあとは思いました。

その後、ちょっと気になった三柱神社に立ち寄ってみます。
そこで梛の葉守りなるものを購入。

このお守り、祈祷した梛の葉っぱと紐のついた五円玉が入ってるのですが、
購入した後にこの五円玉を境内にある梛の木の御神木にに結ぶ。というタスクをこなしてこそ、ご利益があるらしいのです。
じゃあ梛の木に結ぼうか。
と思って探してみるも……見当たらない。
そもそも梛の木ってどんなのなのか?
そしてこの神社は公園も併設しておりやたらでかい。
他に人が居れば目印になりそうなのだけども雨で他に人が居ない。

ここで30分くらい彷徨ってた気がします。荷物が重いし、疲れてきた。
こういうのって気持ちが大事だから、結んだことにして梛の木は諦めようかと折れかけてましたが、ようやく見つけました。
この時は諦めないで良かったなあと思ったもんです。
件の梛の木は本殿から近くにありました。
私のメガネは何を映しているのか。

こういうのってサインぽい気がします。

・近くに目的地があったのにそれに気付かず通り過ぎて遠回り。
・この梛の葉守りは良縁に御利益がある。
・今の出来事と私の現状は対応してる。
・私が縁遠いのは近くに目当てのモノがあるのにも関わらず、それを見過ごし遠回りしてるから。

・しかし諦めずに目的地に辿りつたので先が暗いという訳ではない。

……良縁と言っても、男女関係以外もありますからね。仕事の縁、お話会の縁とか色々。

何となく達成感を感じながら神社の帰りは、雨の中楽しそうに水たまりで水浴びしてる鳩3羽と、初めて見たのですがカササギが2羽うろちょろしてました。
カササギって名前は後で調べて知ったのですが、でかくて白、黒、光の加減で青く輝く羽のコントラストが綺麗なのが印象的でした。(鳴き声もでかい)
主な生息地は九州だそうで、なるほどこちらでは見ないわけです。

雨だ足場悪いーとか思ってるのはこちらの気の持ちようで、楽しもうと思えば楽しめるものだと鳩らを見て思いました。
カササギのあの2羽は番だったかもしれないです。
だったら縁起が良いと思うことにします。

ウロウロして重いし寒しで体力を消耗した気がするので次の何処かへ向かおうと思いました。
その前に昼には早いけども、駅の近くに美味しい所があるよ。と、前日赤子さんが言ってたのでそれっぽい所に入ります。

古蓮という所です。そこで古蓮丼なるものを注文(肝吸い口付き)。どんぶりのタレご飯に一口大に切ったうなぎが1尾分乗っており、言わずもがな美味でした。
この店オリジナルという事でコレを選んだのですがひつまぶしとの違いを考えながら食べてました。(違い分からず)
まだ昼食前という事もあり、混んでなくて良かったです。(私が食べ終わる頃に人が立て続けに入ってきた)

そんなこんなで、この地を後にします。
この先の目的地を大宰府にするか、箱崎宮にするか考えつつ。

Posted on 2017/10/19 Thu. 23:01 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 0

お話会/開始~講座の時間  

宿の手配はした事はしたのだけども、実際どのような建物なのかとかは実際見ないと分からないので、細かい流れとかはぶっつけ本番と必然的になります。
という訳でとてもライブ感溢れるお話会と講座になりました。

に関わらず、私がぼさっとしてる間に受付してくれたHMさん、早く来た人らがテキパキ動いてくれて助かりました。
お陰で狭いんじゃなかろうか……と事前からの不安要素の部屋がちゃんと会場になり、
りかさんの記事の内容を借りるならアレは一種の道場のようになってたと思います。

天戸さんも、直前で会場の状態を把握したので、恐らく予定と構成を変えた部分とかあったと思うのですが
それを感じさせないほど見事な流れで、その空間に引き込まれてました。

かつきちさんが驚く程犯人役がしっくりしてまして、時に和ませつつ、分かりやすく手本を示してくれてとても助かりました。
犯人役にしっくりとか風評被害以外何者でもないのですが…
本当に居てくれて助かりました。

そして件の首を絞められた時の対処法のおさらいで、何故かHMさんと首を絞め合う羽目になったんですがね。何ででしょう?
いや、一番ソレ見て笑ってたのifさんじゃ…ゲフンゲフン
知識として仕入れて、ちょっと試したぐらいじゃ、自分は中々出来ませんね。
多分、聖職者や王の役割の人は周りの人が助けてくれる気がしますが、なんか自分は真っ先に争いになったらリタイアする自信があります。

それとは対照的に、キレッキレな動きを見せてた方も居たので、見事としか言いようがありません。
同じ内容を見てるのに何故だ?
そして何故かあの時「痛いかも知れない」という技を率先してかけてもらおうとしたのか自分でもよく分かりません。
世の中はよく分からない事だらけです。

護身術以外に教えて下さったお話の内容も、私の認識を超えてており衝撃的でした。思ったより根が深い。
ネットで似たような話やら情報はあるのでしょうが、経験者よりの生きた体験談は重みが違います。
なんでこういった存在がいるのかなあと思う材料になってます。
貴重なお話、ありがとうございます。

という、ここでしか出来ない体験が出来まして、とても面白かったです。

Posted on 2017/10/19 Thu. 01:43 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top