点と線と円
どこまで行けるかこの旅路
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



狭い視野
どうも、私は写真を写すのが下手らしい。
というのも、店の商品写真とか撮ることがあり、以前はあまりの写真の下手さにやらんでいいよ。と、匙を投げられ、
今回については前よりはマシだろう。と、自分も周りもそう思ったのだけどもやはりダメ。

自分でも何がダメなのか、上手く撮れてる人に聞くも、それは当人にとって自然な事であり、言語化が難しいようであった。
細かい所を言えば、照明とか被写体との間隔、アングル、構図、魅せ方、
色々あるのだけどもそれを複合的に判断して、いい感じ。に撮れてるようだった。
コツというものはあるのだろうけど、分かる人には分かる。言語化が難しいというものだと思う。
単に私がアホというか、センスの無い人間という事でもあるのだが。

で、あまりに出来ないからムキになってずっと撮ってた。
しかしやればやるほど深みにハマり、この写真が良いのか悪いのかの判断がつかなくなり、頭は働かず
うわ言のように「もうあかん、ダメだ」「私は呪われてる」とか漏らす始末で、悔し涙を数滴こぼすという無残な結果になった。
結局、バッテリーが切れ、今日の作業は諦めた。

真面目にやればやるほどそこしか見えなくなり、力み、上手くいかない。
地球内外を行ったり来たり、自分の思う分かろうとする姿勢とか、波動を増そうと真面目にやろうとして実はその逆な事をやってる。
という状況に似ているなと思った。

今、何で上手くいかないのかと思い返してるのだけども、俯瞰が足りない。
全体を見渡す視点と心の余裕が足りてない。
客観視して、この視点の写真があれば分かりやすいとか。そこらへんの思考が足りてない。
自分は自分で思ってるより相当狭い範囲しか視野に入らないのだ。

一つの事にかまかけてると、平素ではこなしてた事が途端に出来なくなる。
生まれつきの性質なのか、別の要因か、改善可能なのかと考えるのだけども、
こうやって多少自覚する部分があるということはマシになる可能性があるのだと前向きに捉えたい。
スポンサーサイト
初めて利用
いつの間にかYouTubeにコメントが出来るようになってた。
自分が忘れてるだけで登録したか、Gメールと連動してるぽいのでそのタイミングで勝手にそういう風になったのか確かめてはないが。

で、YouTubeだが未だにグルジアのダンスを見ている。ついつい見てしまう。
ストーカーばりにアップされてる動画をチェックして、その熱が高じてついついコメントを入れてしまった。
そしたら、返信が来て思いがけず嬉しかったのだが、読めない。
グルジア文字ってこういうやつなのだが
例/დიდი მადლობა(ありがとう)
グルジア文字じゃなくてアルファベットに変換されたグルジア語で書かれてるので、翻訳サイトで翻訳されない。
(しっかり探せば見つかるかもしれないが)
分からなくても支障はないが、気になる。
自分で調べてもいいが、大変そうだ。誰か教えてくれ……しかし身近に外国語が堪能な人材が居ない。

そこで思いついて初めて利用してみたのが、ヤフー知恵袋。
アカウントさえあれば気軽に質問出来る。
と言ってもあまり期待してなかったのだが、ものの1時間しないうちに回答が来た。
これには感動した。見知らぬ誰かに感謝である。

肝心の内容自体は、英語で言うと「イエス、オーライ(*´∀`*)」みたいな意味合いであった。

youtubeの件と言い、知恵袋の件と言い
実際会ってないのだが何処か他にいる見知らぬ人の存在をこんな風に感じられるとは凄い時代だと思った。

責任の所在
最近の業務として、簡単な体験教室の手本を最初に作る役割をやることがある。
……人にモノを教えるのは苦手です。
出来るものなら、他の熟練した人に頼んだ方が、こんな下手クソに習うよりずっと良いのに。
と、思ってきたのだけどもそれを逃げの口上にして、責任逃れをしてきたのだとやっと気付いた。

そもそも出来るか出来ないで言えば、出来るのです。
確かにその腕の違いはあるのだけども。
出来ることを他の人に押し付けるのは、卑屈なようでいて裏にある自己保身しかないその精神は傲慢である意外何者ではないと考えるのです。

しかし、苦手は苦手。
自分で勝手に作るのと、人が作りたいものを分かりやすく教えるのってこれは、難易度で言ったら天と地の差がある。
次元が違う。
てな訳で、世の先生というのは大変で凄いのだなあと思うのです。
役割によって向き不向きはあると思うけども。

そういう訳で冒頭に戻りますが、始めの頃は教える業務が明日とかに控えてるのが分かってると、
もう前日から手汗が出る。
鬱々とする。
そんなんでやってられるかと言われてもやるしかないので、今日までたまにソレをやらせて頂きますが、人間慣れるもので、何回かやれば、流れは何となく分かるので余裕は出てくる。
そうなると、できないと勝手に思い込んでいたのだと気付くのでした。

人とのコミュニケーションに抵抗を感じるで、
占星術を持ち出すと、私はコミニュケーションを表す3室に火星と土星が在住してるのですよ。
どちらも凶星でして、そこに困難を感じやすい…(適当な解釈)
とまあ、考える部分があります。http://uranaitv.jp/dictionary/1921

前は、ホロスコープにしても、占いとか何でも、この星にの配置に生まれてきたからこうなんだとか思ってたけども、最近はそれすら織り込み済みでこの星の配置で生まれてきたのだと思えるようになった。

恐ろしいもの
オリオンゲートを読んでてちょと怖いと思うものがある。
カモワンの占い結果と共に展開の写真が載ってるのだが、13番が写ってると「ヒェッ」と思ってしまう。
13番

何が怖いのかと言うと、タロットカードには0~21の番号とそれに合わせた呼称あるのだけども、
カモワンの13番には名前が無いのだ。
(鑑定中に13番と呼称してるのは便宜上の事である)

その事を知った時、「怖すぎる……」と感じたのだ。
図柄も怖い。人の頭や手足がゴロゴロ無造作に転がってる。
殺伐とした世界観なのに淡々とした絵柄が更に不気味さを増す。
これに「死神」や「DEATH」とかの名前があったら怖くない。それを描写してると分かるからだ。

名前が無いのがこの場合ミソであり、とにかく不気味なのだ。
正体不明なもの。
それに対して人は怖がるから、名前を付けたがるのだと思う。
名前を付けたらそれを理解した、支配したと錯覚出来る。

と、なると、この13番に敢えて名前を付けなかったというのは意義があるように思う。

で、結局何を言いたいのかと言うと、カモワンタロットのデザインは凄いなあと言いたい。それだけである。
二度手間
例の石を入手したのだが、ヤフオクではあまり見つからず、ならばワールドワイドに探そうと思ってeBayで探して、
で、予算内に良さそうなものがあったので入手した。
ヘマタイト
送料が、落札した品物より高い。
eBayは海外のサイトであり、当然全部英文なのである。
私の英語力は”this is pen” 程度であり、英語が読めないのだが、それでもこのご時世サイトごと翻訳する機能があったりと、そんな私でも海外のものが入手できるので、やろうとすればなんとかなるものだなあと、感慨深い。
やり取りも、ヤフオクのオークションフォームと似たような感じで個別にやり取りの必要が基本無いのがありがたい。

デメリットもある。
・翻訳内容が直訳で意味不明
・商品ページの一部の文章が画像扱いだと翻訳してくれない
という事で、写真の情報で判断するのだが、枚数が多い割に見たい写真が写ってない事が多い。

今回のこの品も、肝心の裏側の写真が無かった。
なのに正面からの同じアングルの写真を90度とか180度とか回転させた混乱させるような写真が幾つもあったり。
何でだろう、、、、
最低限、商品金額と送料が確認できればそれで良いということにしてある。

という訳で、半分ギャンブル気分で、最悪届かないのも覚悟で入手して経緯がある。
それでも今までちゃんと届いており、今回も10日ほどで届いた。
因みにポーランドからの出品でした。
出品者のIDにorionや666とあったり、売値が99,9ドルで重さが100gとあったのでそれで決めた部分もある。

実物は満足で、特にお尻のような形があるのが素敵だと思います。
で、出品者の評価なるものをしなければならないのだが、カタコトの日本語を翻訳サイトで直訳してます。
まあ、多分意味は伝わっていると思うけど。

てな訳で、少し労力を使って入手したのだが、これを手に入れたあと、普通にヤフーショップで売ってたのを知り、自分の視野の狭さを痛感した。
いやあの石も一期一会で良いと思います。

さらに後日、衝撃的だったのは地元の名古屋駅の東急ハンズの鉱物コーナーにあった。灯台下暗し。
しかもお値段数百円。握り石ぐらいの大きさ。まだあります。お求めの方はお急ぎを。

というか、あそこの鉱物コーナは前から知ってはいたが、その時はあったのだろうか?
最近出て湧いてきたように私には思える。
そこにあっても意識して見えるようになる事があるのだと思う。

あそこの鉱物コーナーは特に安いとかお得(なのもあるが)という訳ではないが、適正価格という感じがして良い。
ミネラルショー等で仕入れたり、アーカンソーで買い付けしており、またGW付近に特設コーナーを設けると言ってた。
今日行ったら、購入者に隕石の欠片のサービス(米粒くらいの大きさ)とかやってたり、気合が入ってるなあと感じた。

てな訳で、ヘマタイトを巡る旅は一旦落ち着いた。という事にする。