点と線と円
どこまで行けるかこの旅路
プロフィール

zaba

Author:zaba
【点と線と円】のzabaです。
・趣味、興味のあること中心に記事を書いてます。
・見えない事も分かるようになりたいです。
よろしくお願いします。



最新記事



カテゴリ



最新コメント



カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お越し下さりありがとうございます



お知らせ
一週間程、ネットに繋がらない環境になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト
あけまして
酉年
おめでとうございます。
姪っ子に遭遇しそうなので、お年玉の用意です。100均のぽち袋に鳥の絵を描きました。
こういう歳になったのねと、しみじみです。

まだ年少なので少額ですが、小銭が入ってます。たくさん入ってるように見せかける子供騙しの策です。

31日の夜に実家に帰省しました。
こっちは星が綺麗に見えます。
一番初めに入ったのがオリオン座です。

年明けで去年のことを持ち出すのはナンですが、2016は色々あったので感慨深いものがあります。
そりゃ嫌な事もありましたが、それが悪い事とも思えず概ね良い年だったなあと思います。
2017もそんな感じで過ごせれたらなあと思います。

皆様にとっても良い年になりますように。
出す事
今回、食べ物に釣られてミンスパイの件に応募したのだけども、思い返すとミンスパイもそうだけどもそれ以上に見えない部分での得た部分が大きかったと思う。

お題は提示されたのだけども、歴史的人物など具体的なことは思い浮かばなく、イギリスにはイマイチピンと来なくて
原住民もOKって事でケルト文化方面なら好きなので、何でもアリの原住民を支点として想像(妄想)を巡らせた。

結果、その時期に思い浮かんだ妄想と、実際に身の回りに起きた出来事が程よくミックスされた話がギリギリになって形になった。

読み返すと、私の人間関係の問題点が浮き彫りになった話になり、
もうちょっと話を明るくまとめたりハッピーエンドにしても良かったのだが、アレはああなったので、それが私の真実なのである。

で、何が問題かと言えば、勝手な加害者意識と被害者妄想なのである。
つきつめるとその辺に集約される。
しかし、それは自分の頭の中にしか無かった幻であったのだと思うようになった。
あの話の少女と少年はお互い自分であったとも言える。
相手の何気ない言動に傷ついたり、傷つけたり、勝手に引きこもったり、自分を罰したりなどの行為である。
生きてる以上、人とは関わらざるを得ない。
それらからは逃げられないのなら、少しでも頭を使い不要な思い込みから軽くなるように波動を増したいものである。

自分は今まで人との関わりを避けてきた所があるのだけども、
ここでこうやって色々関わって学ばさせてもらって、以前の自分では思いもよらない行動も取るようになった。
それは思いのほか楽しいし心地よいものでもある。
本来の自分とは何なのかと、未だに分からないが、近付いてるとは手応えは感じてはいる。


あの話の後、二人はどうなったのかと未だに考えるのだが、納得のいく答えが中々出てこない。
最悪ではないが、あまりよくない状態が続いていた。


しかし、最近ちょっと和解し始めた模様。

さらに読み返すとファザコンじゃないの?コイツ。とも思った。
頭の中だけでは捉えられないので、こうやって形にすることで見えてくる事がある。

得難い経験をさせてくださってあやにゃんさんありがとうございます。

新月のお茶もありがたく頂きました。
悔いる
店にとある人がやって来て、私は実際現場に居なかったから知らないのだけども、
話によると、別の近くの売り場で店員に掴みかかり叫び暴れて警察沙汰になり、出禁になった人らしい。

確かに挙動不審であるが、何かそういう雰囲気の事情の人っぽいので警戒したが、その時は特に何事も無かった。

というか、話しかけても無反応なので私が困惑したのと、滞在時間が長いのでその間が他の事が出来ないのが困った。
ぐらいであった。

叫ぶとか想像出来ないというのが感想である。

で今日また、来店されてそれなりに警戒したのだが、
観察していくうちに冷静に考えると、自分が一方的な情報を鵜呑みにして相手をこういう人間だと偏った目で見てるということに気付いて、何か申し訳なくなった。

それを無くすために色々やってるのに。

中立な立場を心掛けつつ、もう一度コミュニケーションを試みてみると、相変わらず言葉は発しないが、意思表示はしているのだと気付いた。
反応は無いと思ったのが、反応はある。
私がちゃんと見ていなかったのだ。

結局、普通に品物購入してくれて、言葉は発しないがそれ以外は存外普通の反応なので、あの情報は何だったのかと思ったのだが、状況によっては、そういう事もあり得るかもしれないと頭に入れておく事にした。

何考えてるのか理解不能と言っても、感情とやらはあるのだし、私らとそんなに変わらないじゃないかと。

しかし、ああいう感じなので、多分、苦労の多い生き方をしてるのに想像は難くない。せめて心安らぐ事が増えたらなあと思った。

私は見える事でしかその人を判断を下した事と、偏見の目で見た事を非常に悔いた。
何処に意識を置くか
業務の一環としてインスタに写真を上げる事を日課として課せられてるが、
私が上げた時と、別の人が上げた時とでは反応の違いが歴然と起きてる。

私が上げた時は反応が薄いのに対し、もう一人が上げた時はホットに反応がある。
因みに同一アカウントを共有してるので見る側からしたら誰がどれを上げてるかとかは分からない。

こうも違いがあると私の何処かに問題があると思わざるを得ない。

・写真の撮り方
スマホで漠然と撮ってるのに対し、あちらは経験の差もあるが、写真の善し悪しの判断を下して意識的に撮っている。

・#タグ、キャプション
私は大体決まった文句を並べてるが、あちらはちゃんと写真に相応しい文や文字を考えてる。

写真の撮り方なんぞ今まで意識しなかったが、何を意識してるのか教えてもらったら、光の当たり具合、魅力的に見える方向、基本的にブレないようにする。当たり前と言えば当たり前だが基本、写真に対する細やかな心配りがある。

ネットで基本的な事を調べたら出てくるのだが、自分はそれすらしてこなかったのだ。
無意識にこれで良いと思ったたのが要因である。
小手先の技術(知識)もある程度必要だが、大体載ってたのが
何を撮りたいのか意識するというのが大事である。
という事であった。
ここが私の大きな間違いで、漠然と撮ってただけで良しとしてたのがいけない。
つまりは基本的な心構えの部分で欠落してたのだ。

写真を見ても、何となく良い写真と悪い写真がある。
じゃあどうして、これを良いと思うのか?悪いと思うのか?
そこまで思考してなかったのである。

課せられてるからといって、ただこなせば良いという訳でもないので、どうせやるなら善い方へと向かいたいものである。
同じ事でも、自分捉え方でプラスにもマイナスにもなる。

何処に意識を当てるのが大事なのだと改めて思いつつ、うすらぼんやりではいけななあと思った日であった。