点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

酔っ払い  

この記事を読んで
きっと呼吸とかお腹とか苦しいだろうから、臀部を少々露出させ、寝ゲロで窒息防止の為うつ伏せにさせ、第三者を巻き込まないように道端にそっと寝かせて置き、この人が目覚めたら他人にそこまでさせた事実に恐縮するかもしれないから、さっと立ち去ろうと思います。ああ、良い事をしたなあ。(by奉仕者)

それはさておき、少し前自分の住んでるマンションでそこの住人が自室の扉の前で酔っ払って行き倒れてたのである。
運の悪い事に階段の真ん前で、そこを通らないと私は自室に帰れない。
成り行き上、声をかけたら酔っ払いに意識はある。しかしただそれだけで知能が死んだ状態であった。
(うわ、クソめんどくせえ)と思いつつ話を聞くと、扉の4桁のパスワードを入れても開かないとの事である。
試しに聞いたパスワードを私も入れてみる。
が、開かない。

そこからが最悪で何度も試しても開かない。鍵も持ってないようで、埒が明かず管理会社へ電話した。
この時点で結構ウンザリしており、放っておいても真冬ではないから死ぬ事は無いだろうと退却への道筋を考えてた。
そしたら何度も酔っ払いが試していた扉が開いた。

なんて事は無い。
最後の下二桁を逆に勘違いしてたのである。
酔っ払いはお礼もそこそこに自室へと消え、私は何とも言えない脱力感と徒労感に怒りすら沸かず虚しさだけが支配していた。

因みにその酔っ払いは自分の母と同じくらいの〇〇アである。
イケメンやかわい子ちゃんでは断じてない。ロマンスは生まれない。

てなことが何故わが身に降り注いだのかと、ある意味冷静だったので顧みると心当たりがある。
私も同じように過去一回、泥酔、流血、救急車、と、周りの人に迷惑をかけまくった経験があるので、あまりバ〇アをク〇呼ばわり出来ない。
というか寧ろ今回のコレはあの時の因果が巡ってきたのかもしれない。
天は何でもお見通しだなあ…と、感心しつつ、これでチャラにしてくれないかなあと都合の良い事を思ったりもする。

酔っ払いは迷惑以外何物でもないという事実は変わらないが。
スポンサーサイト

Posted on 2018/06/27 Wed. 00:40 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

新調  

とうとうPCを新調した。
だいぶ前にvistaのサポートが切れ、やらなきゃなあと思いながら壊れてないし決定打が無かったのだが
iTunesが更新出来ない事実に(スマホのバックアップが取れない)重い腰を上げる事になった。
うさ人間の本領を発揮し、悩みに悩んだのだが、どうせ買うなら新月の頃にしようとタイムリミットを決め情報収集。
調べてもキリがない。
自分がどの程度の物を欲してるのかが先ずハッキリしてないという事が分かった。
まず目的が明確でない事には何処から手を付ければ良いのか分からない。
自分のパソコンの目的は、ネット、メール、動画鑑賞、画像処理(趣味程度)
場所を取りたくないから、ノートパソコン希望。
それを踏まえて、15インチの最新ではないがスペックそこそこ、サポートの評判はイマイチだけど、その分良心価格のHPのpavilion powerという機種にした。
ここまで辿り着くのが長かった。

新月の例のまじないの効果か、その新月の日その機種が期間限定の割引¥5000プラス簡単なアンケートで2万も安くなるという情報がパソコンチェックしてるサイトに投稿されて、購入に至ったのである。誰だか知らないが投稿した人ありがてぇ。

さて、ようやく届いたパソコン使い心地はサクサクでとても良い。
起動後直ぐに立ち上がる。技術の進歩に軽いカルチャーショックを受ける。
これならさっさと購入すればよかった。

しかし、vistaのデータをウィンドウズ10に移行するに辺り、アテにしてた「引っ越しツール」なるものが使えないと知り、手動でデータを移動している。
必要なプログラムも手動でダウンロード。
しかし、膨大な数と思ってたものも、頻繁に使ってたのは数える程度であり、他は要らないものであった。
そんな訳で心機一転、色々機能を試しつつ、慣れていこうと思う。

Posted on 2018/06/22 Fri. 00:40 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

蟻要素  

宇宙人鑑定にて本体は蟻っぽい宇宙人らしいという事で、私と蟻の関係性を思い返してみると
幼少時に蟻の巣をほじくりかえしたり、水攻めしたり、捕獲したり、興味本意で痛ぶったりと、すまんなあと思うことばかりなのである。
黒光りのアレでこそギャーギャー騒ぐが、私は基本的に虫には友好的であり、建物に夜間へばりついてる珍しげな蛾など素手で捕獲しては、ネットで名前を調べるという事をたまにしてる。(その後リリース)
オススメはノンネマイマイという可愛い奴です。
しかし、最近大物を見ないのある。
近所の家が取り壊されて、そこの庭も無くなったからかもしれない。

話が逸れたが、蟻要素を考えたらちょっと思い当たる節がある。
自分が住むならこういう建物が良いうというものがある。
ある日ふと、「カッパドキア」という言葉が浮かび、調べたら岩穴に穴を開けた住居群の写真が出て、これは良い。と悦に浸った。
他には今は無きクーロン城。
入り組んだ迷路のような住居に憧れるのである。住みやすさはさておき。人口密度高そうで冷静に考えたら嫌なんだろうけど憧れる。
蟻の巣的だなあと思ったので、蟻要素に加える事にする。

それとは方向性は違うが、人里から離れたあばら小屋。なんてのにも憧れる。

前回から更新が一月以上空いてしまった。
言い訳させてもらうと、パソコンが古すぎて起動が遅く電源付けるのも億劫になっておりまして。
ネット閲覧や動画鑑賞はここ数ヵ月Amazonのfireなんちゃらで済ませております。安いし便利。
今回このブログもfireでポチポチやってるのですが、やりにくい。
記事リンク貼りやら画像アップロードがやりにくい。
という事で味気無い記事ですがご勘弁を。

Posted on 2018/05/29 Tue. 01:41 [edit]

category: P関連

tb: 0   cm: 0

藤の花  

前日荒れた天気で、次の日も雨かせっかく休みなのに。
等と思っていたら、風が強いものの晴れたので自転車で徘徊する事にいた。
当初の予定では藤は見に行くつもりは無く、もう少し近い辺りで終わるつもりだったのだが、時間的にもまだ余裕があったのでもう少し足を伸ばして丁度藤が見頃になるという公園へと行く事にした。

しかし、そこからはキツかった。
向かい風が思いのほか強く、自転車は煽られる、ゴミが目に入る、坂道多い、普段運動しないものだから体力的にキツイ、
と、散々であったが中途半端に引き返すわけにもいかず、目的地までヒイヒイ言いながらやっとの事でたどり着く。
平日にも関わらず、天気が回復したおかげか人足は多く、藤も見頃で藤棚からの景色は(大変だったけど来て良かった)と思わせるのに十分なものであった。
藤1
藤2
藤3
公園



平素は花とか写真で良いじゃん、人多いし、しんどいし、と思う人間であるが、生で見るのはやはり違う。
まず香りは写真では味わえないし、花以外の生き物の営みも近くで見れる。この時は熊ん蜂がせっせと蜜を集めてた。
熊ん蜂って毒あったっけ?近くで見ると結構モフモフしてて可愛いんですよ。

今週土日が祭りの本番らしく出店の準備がしており、今日でも自分は人が多いとぼやいていたが、この分だと土日の人はもっと多く、藤棚の中なんてきっと進むのも一苦労に違いないと思い、平日の今日だから良かったのだと思った。

近くの神社もついでに参拝したのだが、遠くで太鼓の音が響いている。
進むと大太鼓の胴部分を通るのと、通った先の馬鹿デカイ太鼓を叩ける。
という体験が出来るモノが置いてあり、やってみたいけど人目があるしなあと思ったが、(という人が自分含め周りチラホラに居た)
太鼓を叩いてみたいという欲求からそれをやってみた。
自分がやったら近くで迷ってた人も後に続き、何だ、皆興味アリアリじゃないかと。
私の後すぐの女の人は、「何か運気が上がりそうです」とも言っており、確かに自分で太鼓を叩きビリビリとした振動を間近で感じると、何やら身に憑いてる余分なモノが祓えるような気がした。
多分この先あんなでかい太鼓を叩くという事はそうそう無いだろうと思うので良い経験ができた。

ちょっと外走ってみるか。
から、面白い経験が出来たので、始めのやり始めが大事なのか。
と思った。

そもそも、ここに来る事になった要因はふとした会話で「○○も行くと面白いよ」と、教えてもらいネットで調べたら丁度藤の時期であると分かったのであるからなのである。
さり気ない布石は前から用意されてたのである。

時系列で言うと

1.会話で○○という地域の事を教えてもらう
2.ネットで私がその周辺の事を調べる
3.藤が見頃と知る
4.休日晴れたからちょっと自転車で遠くに行く
5.時間的に余裕があり自転車で頑張れば行ける距離なので折角だから○○へ行こうと決める(2,3の情報が無かったら行かなかった)
6.面白い経験ができた

という感じである。

そして後日、足がしんどくなる。

Posted on 2018/04/26 Thu. 12:44 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

決められない人  

たまに接客をしてて長時間対応したのにも関わらず、購入に至らない。
と言うことがたまにある。
そういう時はどっと疲れるし、何でこのような結果になったのだろうとか、思うところがあるのだが、他の人と比べると私が対応した場合こうなる割合が多い気がしてならない。
購入に至らない原因で多いのは、相手が迷いその期を逃す。
というパターンが多い。
一見、優柔不断な相手を引き当てる確率が高いようにも思えるのだが。。。

こうなる根本的な原因を考えると私が決められない人間だから、そういった人を相手にする。
そうでない場合も相手の迷いを引き出す。
といった事をしでかしてると言う事に思い至る。

というのも昨日この様な出来事があった。

私は万年筆でパイロット社のカスタム823のフォルカン(ペン先の種類)という製品が欲しいと思っていた。
この製品はとある万年筆専門店の限定品で販売された物で、とっくに売り切れており、市場に出回ることも殆ど無く半ば諦めの心境である。

が、オンラインの中古専門店でたまたま売りに出されていた。
目を疑ったのだが、早速カートに入れて、カード番号入力して、後1クリックで購入完了という段階で私は何を思ったか、そこからまた商品ページに戻って仕様などを確認してしまった。
これがいけなかった。
そのせいでカートに入れてた状態はキャンセルになり、その隙に別の人に購入されてしまう、、、という事が起きてしまったのだ。

時間にして僅か数分、夜中の二時頃の出来事である。
こんな深夜、同じ商品ページを見張ってた人物が居たのである。
恐るべし。
後悔してももう遅い。

購入後一歩という段階で躊躇してしまった私のせいである。
これを入手してちゃんと活用できるか?とか、予定外の出費大丈夫なのか?とか、余計な事を考えてしまい、心では欲しいと思い意思さえあれば掴めた物を、自ら手放してしまったのだ。
決める時に決められない。期を逃す。
という心の弱さに直面した出来事である。
ああだから、私の周りに決められない人が集まるのだな。と、腑に落ちた一件でした。
優柔不断とか、人に言ってる場合ではない。

で、ダメだったら過去は変えれなし、原因は自分と分かりきった事なので気分を切り替えたいのだが、もう、悔しくて悔しくて(笑)
心象風景は血涙流し…
ギギギ……ʅ( ՞ਊ՞)ʃ≡  ≡ʅ( ՞ਊ՞)ʃ ギェェェェィ!!!
こんな感じです。

無いとなると非常に惜しくなる。欲しくなる。
純粋に欲しいという気持ちと、逃したという出来事からくる執着心が今ミックスされた状態の、今の私は物欲にまみれた難儀な生き物であると思いました。
暫くはそれの気配を探しあちこち徘徊します。

波動の観点から言うと、私はその品に相応しくなかった(最後の選択で魂の戦に負けた)から、購入する権利を与えられなかった。
裏を返せば、相応しい波動さえ獲得できればまた縁はあるだろう。

という事で気長に待つとします。
とは言っても、頭からそれが離れない状態では叶うのはまだまだ先かと思われるのだが。

Posted on 2018/04/18 Wed. 01:13 [edit]

category: 心の癖

tb: 0   cm: 8

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top