点と線と円

どこまで行けるかこの旅路

お越し下さりありがとうございます

決められない人  

たまに接客をしてて長時間対応したのにも関わらず、購入に至らない。
と言うことがたまにある。
そういう時はどっと疲れるし、何でこのような結果になったのだろうとか、思うところがあるのだが、他の人と比べると私が対応した場合こうなる割合が多い気がしてならない。
購入に至らない原因で多いのは、相手が迷いその期を逃す。
というパターンが多い。
一見、優柔不断な相手を引き当てる確率が高いようにも思えるのだが。。。

こうなる根本的な原因を考えると私が決められない人間だから、そういった人を相手にする。
そうでない場合も相手の迷いを引き出す。
といった事をしでかしてると言う事に思い至る。

というのも昨日この様な出来事があった。

私は万年筆でパイロット社のカスタム823のフォルカン(ペン先の種類)という製品が欲しいと思っていた。
この製品はとある万年筆専門店の限定品で販売された物で、とっくに売り切れており、市場に出回ることも殆ど無く半ば諦めの心境である。

が、オンラインの中古専門店でたまたま売りに出されていた。
目を疑ったのだが、早速カートに入れて、カード番号入力して、後1クリックで購入完了という段階で私は何を思ったか、そこからまた商品ページに戻って仕様などを確認してしまった。
これがいけなかった。
そのせいでカートに入れてた状態はキャンセルになり、その隙に別の人に購入されてしまう、、、という事が起きてしまったのだ。

時間にして僅か数分、夜中の二時頃の出来事である。
こんな深夜、同じ商品ページを見張ってた人物が居たのである。
恐るべし。
後悔してももう遅い。

購入後一歩という段階で躊躇してしまった私のせいである。
これを入手してちゃんと活用できるか?とか、予定外の出費大丈夫なのか?とか、余計な事を考えてしまい、心では欲しいと思い意思さえあれば掴めた物を、自ら手放してしまったのだ。
決める時に決められない。期を逃す。
という心の弱さに直面した出来事である。
ああだから、私の周りに決められない人が集まるのだな。と、腑に落ちた一件でした。
優柔不断とか、人に言ってる場合ではない。

で、ダメだったら過去は変えれなし、原因は自分と分かりきった事なので気分を切り替えたいのだが、もう、悔しくて悔しくて(笑)
心象風景は血涙流し…
ギギギ……ʅ( ՞ਊ՞)ʃ≡  ≡ʅ( ՞ਊ՞)ʃ ギェェェェィ!!!
こんな感じです。

無いとなると非常に惜しくなる。欲しくなる。
純粋に欲しいという気持ちと、逃したという出来事からくる執着心が今ミックスされた状態の、今の私は物欲にまみれた難儀な生き物であると思いました。
暫くはそれの気配を探しあちこち徘徊します。

波動の観点から言うと、私はその品に相応しくなかった(最後の選択で魂の戦に負けた)から、購入する権利を与えられなかった。
裏を返せば、相応しい波動さえ獲得できればまた縁はあるだろう。

という事で気長に待つとします。
とは言っても、頭からそれが離れない状態では叶うのはまだまだ先かと思われるのだが。
スポンサーサイト

Posted on 2018/04/18 Wed. 01:13 [edit]

category: 心の癖

tb: 0   cm: 5

シェイプオブウォーター  

ぐれんで1月前に映画「シェイプオブウォーター」の話題が出てた。
丁度その記事に目を通していたのが帰宅途中の電車の中であったのだが、何気なく視線を上げて中吊り広告を見たらまさにその映画の広告が真上にあった。
他にも電車内に数ヶ所中吊り広告があるのだが、その映画の広告は私の居た位置にしか無かった。

観た方が良いような気がしたので少し前に見に行った。
映画館で映画を観るのは久しぶりなのだけども、あの日常から切り離された空間はワクワクする。
で、肝心の映画の中身はとても満足した。面白かった。
話自体は美女と野獣とか、神に魅入られた人間とか、異種族恋愛話とか、昔からある題材なのだけども、世界観の現実味とファンタジー感のバランスが丁度いいので最後まで飽きなかった。


そして何と言っても半魚人が美しいんですよ。あの造詣には惚れ惚れしました。
映画半ばにヒロイン、イライザの親友の絵描きが半魚人の絵を描くのだけども、その絵が良い。
日本のシェイプオブウォーターのポスターは二人が水中で抱き合ってる画像なのだけども、海外(アメリカ)のポスターは絵が使われていてそれが欲しくなった。

という事を思っていたら、以前東京に行った時訪れた美術館のDMが届き、中身を見て驚いた。
シェイプオブウォーターのイラストを手掛けた人の展覧会の案内であった。
ジェームス.ジーンという人らしい。
流石にそこまで行かないが、ヤフオクで出品されてるのを見ると、そこそこ良い値段なので悩むところである。


話が逸れたが、この映画緑がちょくちょく出てくる。
冒頭バス停で乗り合わせた太った男性が持ってた緑のデカイケーキ
仕事場の制服の色の緑
不味いカップケーキの色の緑
キャデラックのテール(緑)
水の色

その世界に切れ込みを入れるようにイライザがある時から赤い物を身に付ける。
と言うのが印象的だった。
彼女の世界が変わったのだろう。

そこら辺の意味とか何かあるのだろうだけども。
あとやっぱり敵役が居ないと面白くない。
スマル~枢への堕ちっぷりが終盤見てらんないので解放されて良かったと思いました。
この話は彼の物語でもある。

そして最後の最後まで泣くことは無いだろうと思ってたのだけども、何故か泣きました。自宅に帰ってもはらはら流れるので、何でだろうと考えてるのだけどもハッキリした理由が分からない。
感動したのだけども、何に感動したのだろうか?
抽象的表現だと「グッとキた」んだけども。
疑問を感じつつ、ささくれた心が潤った良い映画でした。

アメリカとかロシアとか本当にああいった生物の捕獲研究されてたんじゃない?
とか思いました。

Posted on 2018/04/05 Thu. 23:46 [edit]

category: 趣味

tb: 0   cm: 0

天使か宇宙塾  

宇宙人
坂本塾をぼんやり聞いてたら、描けたものです。
天使か宇宙人か、そんなものだろうと思ってます。

Posted on 2018/02/23 Fri. 22:42 [edit]

category: 心象風景

tb: 0   cm: 5

天使の回答  

私に来た回答はストレートに
「主張しなさい!」
と来たもんだから、正直このメールを見た時ビビった。
天使の回答の件を忘れてたので、尚更。

質問らしい質問を拵えるのを忘れてたので、コレは私に向けてのメッセージなのだと捉える。
にしても、今当にそれに纏わる事に心囚われてるので、ピッタリなメッセージで喝を入れて貰ったと言うべきか。

面白くて為になる企画、ありがとうございます。

Posted on 2018/02/10 Sat. 09:49 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

届いたカード  

En”Dolphin”で行われた年玉企画に応募しました。
届いたはホークスアイ。
ホークスアイ

去年おみくじで「鷹」「目」という内容が届き、その時ヤフオクで石を探したけども結局入手には至らず、そのままにしてたのを思い出しました。
メッセージは「躊躇せず行動しろ」とあり、これも最近仕事言われた事と同じ内容で慄いてます。
(絶対監視されてるし…)
考えるだけで行動しないのでは考えてないのと同じ事だと身に沁みてます。
そんな生き方してて第一面白くない。

他の誰かが、と考えるのは辞めて起きた事柄を対:自分と捉えるようにしたいです。
そしたらぼやぼやしてる暇なんて無いのが良く分かります。

ダメ押しで大事なメッセージが届きました。
面白い企画に参加させて頂いてnicoさんありがとうございます!

Posted on 2018/01/18 Thu. 11:48 [edit]

category: 不思議現象

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー&アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top